自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

アロマとリハビリ融合!効果とそのメカニズム(痛みと精神的ストレス)

【スポンサーリンク】

最近、アロマセラピーが医療や介護分野でも使用されるようになってきました。今回、アロマをリハビリテーションに応用するための知識ついて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

アロマリハビリの効果とそのメカニズム!臨床に活かすアロマの使い方! 

引用・参考文献

塩谷 美奈子ら「アロマが臨床現場に必要である理由」地域リハ Vol.12 No.5 2017.5

塩谷 美奈子ら「アロマとは」地域リハ Vol.12 No.4 2017.5

アロマについて

アロマは「におい」や「かおり」という意味があり、アロマセラピーは、アロマを用いて身体的な症状や精神的な不調に対して行う植物芳香療法になります。
アロマは「精油」のことを言っていることが多く、Essential oilとも呼ばれています。
精油は油に溶けやすく、水に溶けにくい、可燃性、引火性があることが特徴です。
精油は揮発性(香りが香る間に液体が気体に変化する)の物質になります。
精油は元素の並び方の違いにより様々な香りを作り出すことができます。

 

天然香料

天然香料はアロマセラピーに用いる精油をさします。
精油の製法により、アブソリュートエッセンシャルオイル、レジノイドと呼ばれます。

合成香料

化学合成された香料です。
天然香料の一部を抜き取り、刺激の低いものに変えています。

天然香料、合成香料のメリット・デメリット

天然香料のメリットは、
香りのバランスが自然に整っている
他の成分が自然に備わることで安全性が高まる
自然植物エネルギーが含まれている
天然の揮発
などが挙げられます。

天然香料のデメリットは、
植物の産地など、環境により成分含有量に変化がある
生産量・価格の変動がある
などが挙げられます。

合成香料のメリットは、
香りが一定で成分量を正確に把握できる
個々の成分の安全性を確認できる
農薬やホルモンの影響がない
価格が安定
などが挙げられます。

合成香料のデメリットは、
天然微量成分の再現が困難
自然分解されにくい
などが挙げられます。

精油成分の体内への吸収

①経皮吸収
表皮の角質層・毛包から真皮、毛細血管に流れていき、全身に浸透していきます。
皮膚に直接精油を塗る場合、植物性のキャリアオイルやジェルなどで薄めて使用します。
精油成分は原材料よりも成分が凝縮されており、直接塗ると刺激が強すぎて皮膚トラブルのもとになります。
キャリアオイルでは、ゆっくりと深部に浸透していきます。

②経鼻吸収・呼吸
口腔、鼻腔から口腔粘膜、鼻腔粘膜を通り、気管・気管支粘膜に到達します。
そこから肺胞の毛細血管でガス交換とともに血液に流れ込みます。

③嗅覚
鼻腔から嗅上皮に入り、嗅毛・嗅細胞に達すると電気信号が発生ます。
そこから嗅神経を経て嗅球・嗅索から大脳辺縁系に伝達され、大脳皮質嗅覚野で匂いが識別されます。

嗅覚では大脳辺縁系(情動や記憶に関係)に直接伝わり、記憶や情動、潜在意識下で無意識的に作用します。
嗅いだ匂いに対して、過去の記憶を参照するため、そのときの記憶や感情など潜在意識下で無意識的なものに作用するとされています。

大脳辺縁系視床下部、下垂体にも伝わり、自律神経系や内分泌系にも影響をあたえることが考えられています。
これは、様々な環境などの変化に対して体を恒常的に保つ(ホメオスタシス)ことに関与すると考えられています。
また、セロトニンの活性化により、脳神経の覚醒状態にも作用すると考えられています。

精油の排出

肝臓酵素により酸化、還元、加水分解、解毒化され、尿や汗、呼気などにより体外へ排出されます。

身体的ストレス(痛み)の理解

痛みの伝達経路:
末梢からの刺激は一次侵害受容ニューロンを介して脊髄後角に伝わります。
一次侵害受容ニューロンにはAδ繊維とC繊維の2種類があります。
Aδ繊維は一次痛(組織の損傷により始めに感じる刺すような鋭い痛み)に関与し、瞬間的に刺激情報を中枢に伝達します。
C繊維は二次痛(鈍くうずく痛み)に関与し、刺激情報を数秒かけて中枢に伝達します。
脊髄後角から視床に伝わる際、Aδ繊維は脊髄後角から特異的侵害受容ニューロン(NSニューロン)とシナプスを形成します。
C繊維は脊髄後角でNSニューロンに加えて広作動域ニューロン(WRDニューロン)とシナプスを形成し、中枢へ伝達します。
NSニューロンは痛みの発生場所を知らせる役割があり、WRDニューロンは痛みの刺激の程度・強度を知らせる役割があると考えられています。

一次痛は大脳皮質の体性感覚野、二次体性感覚野に入ります。
二次痛は大脳の島皮質、前帯状回前頭前野扁桃体、海馬などの情動・感情に関わる部位に入ります。
二次痛は痛みに伴うイライラ、不安感などを引き起こします。
また、視床下部にも影響し、血圧上昇や頻脈、冷汗などの自律神経症状も出現することがあります。

視床下部かの室傍核からCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)が出て、下垂体が刺激され、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が出ることで、副腎皮質が刺激され副腎皮質の肥大とストレスホルモンの「コルチゾール」の分泌が起こります。
コルチゾール」は身体に必要な物質でもありますが、大量分泌が高血圧などを引き起こし、病気をつくり出してしまうと考えられています。

塩谷 美奈子ら「アロマが臨床現場に必要である理由」地域リハ Vol.12 No.5 2017.5

前頭前野は報酬-嫌悪回路に関与しています。
慢性疼痛患者では、前頭前野の活動性低下(急性期では活性化する)や、扁桃体や島皮質の過活動が確認されています。
不安や恐怖心などに関与する扁桃体の過活動は、内側前頭前野の活動を減少させることが動物実験により確認されています。
これが慢性痛の引き金になるとも考えられています。
扁桃体の活動にはドーパミンの伝達があり、持続痛は嫌悪感を引き起こし、報酬-嫌悪回路のバランスが崩れることが考えられます。
これが、痛みの評価や予測、自己評価などの認知面の障害を引き起こし、意思決定などに影響を及ぼすことが考えられます。
鎮痛での正の報酬予測は、前頭前野を活動的にし、下行性疼痛抑制系を作動されると考えられています。

happyhealth.hatenablog.com

【スポンサーリンク】
 

下行性疼痛抑制系

下行性疼痛抑制系は、疼痛抑制機構のことをさします。
脳幹から下行する抑制性ニューロンにより脊髄後角での一次侵害受容ニューロン、二次侵害受容ニューロン間のシナプス伝達を抑制することで、痛みの情報伝達をブロックするシステムのことです。

このシステムにはノルアドレナリン系とセロトニン系があります。
これらの濃度を高めて促通し、痛みの軽減やコントロールを行います。

セロトニン低下は前頭前野の機能不全にも影響します。
セロトニンの興奮性が扁桃体の活動を抑制させることが考えられます。
鎮痛効果として、甘みや心地よい香りは効果が認められており、癒しが痛みの軽減に関与することが考えられます。

香りの伝達スピードは痛覚が0.9秒、嗅覚が0.15秒で、アロマの香りがセロトニン神経活性化や下行性疼痛抑制系を促通すると考えられます。
これにより、島皮質、前帯状回扁桃体、海馬、前頭前野などの情動や感情に関与する二次痛の痛みの軽減が起こると考えられています。

精神的ストレスの理解

精神的ストレスの経路は、視床下部から脳幹・縫線核への経路とされています。
縫線核は脳幹の中央にあり、セロトニンを出すセロトニン神経のある場所にあります。
縫線核はストレス情報が伝わるとセロトニン神経の働きが低下します。

セロトニン前頭前野ドーパミンノルアドレナリンの働きを調整し、危険行動を制御するように働きます。
また自律神経の調整、不安などの心理的側面の調整も行っています。

ドーパミンは脳を興奮させる物質で、適度のドーパミンの放出状態は問題ありませんが、セロトニン神経の機能低下により興奮が過度になると、依存症につながります。

ノルアドレナリンも興奮物質で、怒りや危険に対する興奮をもたらします。
ノルアドレナリンが適度であれば、効率良い行動や判断につながります。
ストレス刺激によりノルアドレナリンは過剰状態となることがあります。
それにより、うつ病や不安神経症パニック障害などの精神疾患につながることがあります。

セロトニン神経が正しく機能することで、ドーパミンノルアドレナリンの過剰放出を抑え、脳全体のバランスが整い、平常心を保つことが可能です。

アロマによるセロトニン神経の活性化がドーパミンノルアドレナリンの調整を行いやすくすると考えられます。

【スポンサーリンク】