自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩後方の痛み(広背筋)と広背筋筋力低下の運動学的評価

【スポンサーリンク】

肩後方の痛み(広背筋)を引きおこす原因のひとつに、股関節柔軟性低下があります。今回、肩後方の痛み(広背筋)と広背筋筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 肩後方の痛み(広背筋)と広背筋筋力低下の運動学的評価

肩後方の痛み(広背筋)と広背筋筋力低下の関係性

広背筋の筋力低下があると、投球時の負荷が広背筋に対する過剰ストレスとなり、広背筋自体にスパズムを生じさせることがあります。 広背筋の伸張性の低下が肩関節の外転・外旋、肩甲骨外転運動で過剰な伸張ストレスを受けます。

肩後方の痛みの部位同定法:広背筋 - 自分でできる体健やかブログ

広背筋の運動学的評価

広背筋は脊柱から起始し、上腕骨に停止する筋肉で、その走行から脊柱の安定性に関与しており、広背筋の筋力低下は体幹の安定性を損なう原因にもなります。
広背筋の筋力評価は、徒手筋力検査法(MMT)に準じて行います。

MMTで広背筋を分離判別する方法

肩関節伸展のMMTにおいて、総括的(三角筋後部、大円筋、広背筋)に行う場合、腹臥位にて肩関節を伸展することで行います。
広背筋を分離判別する方法(段階5と4において)は以下の2つがあります。

腹臥位での分離判別
①腹臥位にて頭はテストする側に向け、肩関節内旋位で上肢は体側に置き、 肩関節はオトガイレベルに合わせます。
②被験者は上肢を下方に押し下げ、胸郭を骨盤に近づけようとします。

座位での分離判別
①座位にて両手を両股関節のそばで検査台の上に置かせます。
*上肢が短すぎて肢位を取れない場合、プッシュアップ台を用います。
②被験者は両手の上押し下げる力を加え(床を押し:プッシュアップ)、検査台から臀部を持ち上げ浮かします。
判定:
段階5では被験者が臀部を持ち上げ検査台から離すことができる場合
この検査方法では段階4はなく、腹臥位での分離判別方法を用いて5以下の段階を判定します。

【スポンサーリンク】
 

広背筋のトレーニングのポイント

広背筋は肩関節伸展・内旋に作用しますが、第2肢位(肩関節外転90°)では肩関節内転・伸展にも作用します。
そのため、肢位による作用の違いを考慮しながら筋力トレーニングを行う必要もあります。
第1肢位では、広背筋全体が弛緩するため、トレーニングの際には肩関節挙上位での運動を行うと効果的となります。

引用・参考文献