自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)による遂行機能障害のリハビリテーション

【スポンサーリンク】

遂行機能障害に対するリハビリテーションの方法として、GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)があります。今回、GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)による遂行機能障害リハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)による遂行機能障害リハビリテーション

引用・参考文献

GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)の概要

行動の遂行には、目標や目標と下位目標リストによって整理し、まとめられていると考えられています。
Duncanは、前頭葉損傷者が行動を計画的に、効率的に遂行できないのには、目標リストがうまく作れず、その利用もうまくできないと考えました(目標無視=課題から要求されていることが頭からすり抜けること)。
GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)は、この考えに基づいてRobertsonが、遂行機能障害リハビリテーション方法として開発したものです。
GMTは5つの段階に分かれており、ひとつずつ実施されます。

 

第1段階「立ち止まる!」:
オリエンテーションです。参加者には現在の状況を評価・把握し、これからすることへ意識を向けていきます。

第2段階 「定義する」:
目標の選択を行ない、主な課題を定めます。

第3段階「リストを作る」:
第2段階での目標を下位目標(=ステップ)に分け、ステップのリスト化を行います。

第4段階「憶える」:
目標と下位目標 (=ステップ)を記憶し、課題を実行します。

第5段階「点検する」:
実施した結果と決めた目標を比較します。うまくいかなければ、最初の段階からやり直します。

訓練は実際の課題を通して行いますが、課題にはセラピストが提供する例題や対象者が実生活の中で行うこと、困難なこと、解決したいことを問題として用います。


出典:高次脳機能障害作業療法

【スポンサーリンク】
 

GMT(Goal Management Training:目標管理訓練)の効果と実施例

levineらのグループ比較実験では、GMTと運動技能訓練に分けて行いました。
訓練時間は約1時間で、課題には文書校正、名簿のグループ分け、 座席表読み取り、用いました。また同じ課題を訓練の前後でも実施し、変化の程度をしらべるのに用いたところ、結果はGMT実施群にのみ訓練後の成績に有意な変化があり、エラー数の減少、実施スピードが遅くなったことです。スピードに関しては、課題を遂行するのにゆっくりと取り組むようになったためだとしています。

levineらの事例研究では、脳髄膜炎罹患約5か月目の女性(35歳)に対してGMTを行っています。
BADS成績は「平均下」で、食事準備が行えるように訓練を実施しました。
13回のセッションのうち1-3回目がベースライン測定、 4-8回目でGMTを行いました。 ベースライン測定では食事準備行動の観察や本人による報告手記の作成が行われました。
GMTは第4セッションにてGMTの第1-3段階の実施、 第5セッションにてGMTの第4-5段階の実施、第6-8セッションではチェックリストを用いての食事準備訓練です。
第7、9、10セッションは訓練後測定として1-3セッションと同内容の測定を行ない、第11セッション以降はフォロー・アップ測定になっています。
結果は食事準備でのエラーまたはつまづきが訓練後に大きく減少していました(レシピあたりの平均19→4)。 効果は6か月後も持続し、 報告手記内容にも変化がありました。
対象者の報告によると、改善は2つの戦略によるところが大く、チェックリストの使用と「止まって、考えて」と自分自身に言い聞かせることだったしています。

出典:高次脳機能障害作業療法

【スポンサーリンク】