自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と上腕三頭筋伸張性低下の運動学的評価

【スポンサーリンク】

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)を引きおこす原因のひとつに、上腕三頭筋伸張性低下があります。今回、肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と上腕三頭筋伸張性低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と上腕三頭筋伸張性低下の運動学的評価 

引用・参考文献

肩後方の痛み(上腕三頭筋長頭・後方関節包)と上腕三頭筋伸張性低下の関係性

上腕三頭長頭の伸張性低下により投球動作でのfollow through期にて上腕三頭筋長頭腱にストレスがかかり、疼痛が引き起こされます。

肩後方の痛みの部位同定法:上腕三頭筋長頭、後方関節包 - 自分でできる体健やかブログ

上腕三頭筋伸張性低下の運動学的評価

上腕三頭筋の伸張性が低下すると、肩関節・肘関節屈曲可動域の制限が生じます。
評価では、肘関節屈曲位での肩関節屈曲角度の計測を行い、左右差を比較します。
腹臥位にて肩関節90°外転位、肘関節屈曲位を開始肢位として、そこから肘関節伸展運動を行わせ、その際に上腕三頭筋長頭の短縮があると肩関節外旋運動が生じることがあるので指標にします。

上腕三頭筋のストレッチのポイント

①肘関節は屈曲位を開始肢位とします。手示指〜環指で腋窩上腕三頭筋に押圧を加え、肘頭の方向に引き寄せ、保持します。
②押圧はそのままに、肩関節屈曲を伴いながら肘関節を伸展させていきます。

上腕三頭筋のストレッチに加え、隣り合う三角筋や大円筋、小円筋との滑走性を改善させることも重要です。

リハビリ療法士直伝!自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!上腕三頭筋を緩めてみた! - 自分でできる体健やかブログ

【スポンサーリンク】
 

自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!小円筋のほぐし方、緩め方! - 自分でできる体健やかブログ

自分でできる肩こり、肩の痛み解消法!大円筋のほぐし方、緩め方! - 自分でできる体健やかブログ

機能解剖学に基づく小円筋の評価とストレッチ・リラクゼーション - 自分でできる体健やかブログ

【スポンサーリンク】