自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩前上方の痛みの部位同定法:上腕二頭筋長頭腱のと疼痛誘発テスト

【スポンサーリンク】

肩前上方の痛みの原因として、肩前上方に加わる摩擦ストレスが挙げられます。摩擦ストレスにより痛みが生じている場合、上腕二頭筋長頭腱が痛みを引き起こしている部位として考えられます。今回、肩前上方の痛みの部位同定法として、上腕二頭筋長頭腱の疼痛誘発テストについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 肩前上方の痛みの部位同定法:上腕二頭筋長頭腱のと疼痛誘発テスト

肩前上方の痛みと摩擦ストレス

肩関節前面には上腕二頭筋長頭腱が走行しています。
上腕ニ頭筋長頭腱は結節間溝を通り、肩関節包内に入り、関節上結節に付着します。
肩関節外旋位では上腕二頭筋長頭腱は上腕骨頭の上方を滑走することが必要で、そのために上腕二頭筋の表層には上腕横靭帯が通っています。
上腕横靭帯は肩甲下筋の停止部から続く結合組織であり、 上腕横靭帯の肥厚が見られると、結節間溝部での上腕二頭筋長頭腱の摩擦ストレスが増大します。
また上腕骨頭の前方変位では、上腕二頭筋長頭腱部でより大きな摩擦ストレスが加わります。

上腕二頭筋長頭腱に痛みが発生するメカニズム

上腕二頭筋長頭腱は関節上結節、関節唇前上方部から起始し、 関節包内を通り、関節外に出て結節間溝を通り上腕筋の表層部外側面に位置します。結節間溝には摩擦ストレスが生じやすい構造になっています。
上腕二頭筋長頭腱は内旋位では肩甲上腕関節前方を通りますが、 外旋位では肩甲上腕関節の上方を通ります。肩関節外旋により大きく走行を変えることが、上腕二頭筋長頭腱へのストレスを大きくさせています。
上腕二頭筋長頭腱は腱鞘があることで摩擦ストレスを軽減していますが、腱鞘の炎症や腱の肥大変性が生じると、結節間溝内に入り込めず、肩挙上の際にに烏口肩峰アーチの深層で腱が折れ曲がり関節内で挟み込まれる現象(hourglass biceps)起こります。

上腕二頭筋長頭腱の触診法

関節内外旋中間位で肩峰前端から指を遠位に2横指程度ずらします。
そこから肩関節の内外旋を他動的に行うと、外旋運動では小結節、内旋運動では大結節が指の下で触れられます。

上腕二頭筋長頭腱の疼痛誘発テスト:Speed test

①肩関節90°屈曲、肘関節伸展、前腕回外位を開始肢位とします。
②肩と前腕遠位部を把持し、肩関節屈曲の抵抗運動を加えます。
解釈:結節間溝に疼痛が生じれば陽性となります。
上腕二頭筋の抵抗運動を加えることで収縮時痛を誘発しています。
*抵抗は徐々に加えていきます。

上腕二頭筋長頭腱の疼痛誘発テスト:Yergason test

①肩関節下垂位、肘関節屈曲位を開始肢位とします。
②肩と前腕遠位部を把持し、前腕回外の抵抗運動を加えます。
解釈:結節間溝に疼痛が生じれば陽性となります。
上腕二頭筋の抵抗運動を加えることで収縮時痛を誘発しています。
*抵抗は徐々に加えていきます。

上腕二頭筋長頭腱に痛みが生じる運動学的要因

上腕骨頭と関節窩の位置関係では、上腕骨頭の前方変位は上腕二頭筋長頭腱を伸張するため、伸張位で摩擦ストレスが加わります。
肩関節後方軟部組織の句縮があると、内旋制限を呈し、外旋位でより伸張されます。内旋制限により上腕二頭筋に対する摩擦ストレスが大きくなります。

関連記事

肩前上方の痛みの部位同定法:肩甲下筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩前上方の痛みの部位同定法:腱板疎部損傷の整形外科テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩前上方の痛みの部位同定法:関節唇の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩前上方の痛み(肩甲下筋、腱板疎部、関節唇)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

肩前上方の痛みの部位同定法:上腕二頭筋長頭腱のと疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩前上方の痛み(関節唇、上腕二頭筋長頭腱)と肩関節後方軟部組織拘縮運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

引用・参考文献