自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価

【スポンサーリンク】

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)を引きおこす原因のひとつに、肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮があります。今回、肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の関係性

棘上筋、棘下筋の痛みでは、肩甲上腕関節上方の軟部組織に拘縮がみられる場合、上腕骨頭の上方変位が生じる可能性があります。このような状態だと、肩峰下インピンジメントが生じる可能性があり、インピンジメントにより棘上筋や棘下筋に損傷または炎症が生じてしまいます。

肩上方の痛みと棘上筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛みと棘下筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩峰下滑液包の痛みでは、肩甲上腕関節は肩挙上運動に従い下方への滑り運動が生じますが、上方軟部組織の拘縮が存在すると下方への滑り運動が阻害されます。すると、上腕骨頭は相対的に過剰に上方変位がみられ、肩峰下インピンジメントが生じます。

肩上方の痛みと肩峰下インピンジメントの評価 - 自分でできる体健やかブログ

肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価

肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮は、 肩関節の内転制限で著明となります。
一方で、肩関節上方には様々な軟部組織があるため、内転制限だけの所見ではどの組織を対象にしてよいかの判断はできません。
そこで、内旋・外旋それぞれでの内転制限を評価することで、前上方の軟部組織なのか、後上方の軟部組織 なのかを判断します。

肩関節内転制限のテスト

【スポンサーリンク】
 

①背臥位or座位を開始肢位とします。
②一方の手で肩甲骨を上方回旋位に保持し、もう一方の手で肩関節の内転強制させます。
解釈:参考可動域まで運動可能が行えれば陰性となります。判断は右差の有無を確認してからにします。
*内旋位において内転帝制限がみられれば、 後上方の軟部部組織の制限が疑われ、外旋位において内転制限がみられれば、前上方の軟部組織の制限が疑われます。

内転制限に対するリハビリテーションのポイント

内転制限が強く存在すると、肩関節における夜間痛が生じる場合があります。
そのような場合、上腕骨頭を関節窩から引き離すように牽引しながら内転させ、棘上筋の伸張を行なっていきます。

関連記事

肩上方の痛みと運動学的評価:肩甲上腕関節の不安定性 - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛み(肩甲上神経、棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲胸郭関節安定性低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

参考文献