自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価

【スポンサーリンク】

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)を引きおこす原因のひとつに、腱板構成筋の筋力低下があります。今回、肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋)と腱板構成筋の筋力低下の関係性

棘上筋や棘下筋そのものに損傷や機能低下が存在する場合、腱板構成筋の筋力低下が起こります。
なかでも、肩関節外転、肩甲骨面における外転、外旋の筋力低下が起こります。

肩上方の痛みと棘上筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛みと棘下筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

腱板構成筋の筋力低下の運動学的評価

①肩甲上腕関節の安定性に関与する筋
②肩甲上腕関節の運動に関与する筋
③肩甲胸郭関節の運動に関与する筋
の3つの要因に分け、検査を行い解釈の材料にしていきます。

①肩甲上腕関節の安定化に作用する筋

構築学的に安定性が低い肩甲上腕関節が運動するためには,安定化に作用する筋が収縮し,上腕骨頭を求心位に保持する役割が求められる.それを担う中心が回旋筋騰板(rotator cuf)である.

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 p20

ローテーターカフ(回旋筋腱板)の知識と評価 - 自分でできる体健やかブログ

【スポンサーリンク】
 

②肩甲上腕関節の運動に作用する筋

肩甲上腕関節の運動に作用する筋は,表層に位置し,停止部が関節から離れた部位にある.特に停止部が関節から離れていることで,大きなトルクを発生しやすくなる.

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 p20

これには三角筋や大胸筋などがあります。

③肩甲胸郭関節の運動に作用する筋
肩甲骨と胸郭をつないでいる筋であり、IST musclesと言われています。

IST musclesの筋力低下か、 rotator cuffや三角筋などの筋力低下かの判断には、徒手筋力検査法(MMT)に 準じて評価を行います。
機能低下しているのが腱板筋なのか、三角筋や大胸筋かなのかを正しく判別することは困難でもあります。
これらの見極めには、病歴や診断名、画像所見などから総合的に判断することが必要になります。

腱板筋のトレーニングのポイント

腱板筋の筋力トレーニングにおいては、強い負荷をかけトレーニングを行うと、三角筋や大胸筋など張力の大きな筋で代償してしまうことがみられます。
そのため負荷の強弱を意識しながら、可動範囲を大きく動かすようにしていきます。

肩腱板断裂術後のリハビリの考え方 - 自分でできる体健やかブログ

肩腱板損傷における肩甲上腕リズムの重要性 - 自分でできる体健やかブログ

関連記事

肩上方の痛み(棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲上腕関節上方軟部組織の拘縮の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛みと運動学的評価:肩甲上腕関節の不安定性 - 自分でできる体健やかブログ

肩上方の痛み(肩甲上神経、棘上筋・棘下筋、肩峰下滑液包)と肩甲胸郭関節安定性低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

参考文献