自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)と大腿四頭筋伸張性低下の運動学的評価

【スポンサーリンク】

膝関節前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)を引きおこす原因のひとつに、大腿四頭筋伸張性低下があります。今回、膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)と大腿四頭筋伸張性低下の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿関節)と大腿四頭筋伸張性低下の運動学的評価

膝前面の痛みと大腿四頭筋伸張性低下の関係性

大腿四頭筋の伸張性が低下すると、脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体への伸張ストレスを大きくさせてしまいます。
また、膝関節屈曲の際に膝蓋骨の下方への動きを阻害します。このことが膝蓋骨関節面と大腿骨関節面の接触面が変化を招き、圧の集中が起こることで膝蓋大腿関節での痛みが生じると考えられます。

膝前面の痛みの部位同定法:脛骨粗面(Osgood-schlatter病) - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛みの同定法:膝蓋靭帯・膝蓋支帯 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛みの同定法:膝蓋下脂肪体 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛みの同定法:膝蓋大腿関節 - 自分でできる体健やかブログ

大腿四頭筋伸張性低下の運動学的評価

大腿四頭筋に伸張性低下が生じると、膝蓋骨の下方への動きが悪くなり、膝蓋大腿関節の接触面の変化が起こり、圧縮ストレスが増大し、疼痛が生じやすくなります。
大腿四頭筋の柔軟性の評価は
①腹臥位で他動的に膝関節を屈曲させます。
②腫と殿部の距離を計測したり、膝関節の可動域を測定します。

大腿四頭筋に対するトリガー組織判別テスト

【スポンサーリンク】
 

大腿四頭筋の伸張性を個別(大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋)に評価することは困難です。
以下のテストを行う中で、大腿直筋・外側広筋が疼痛の原因となっているかを判断する材料にしていきます。
対象とする症状としては、膝屈伸(自動・他動)運動時の膝蓋骨周囲の轢音(ポキ、ギシなど)、膝深屈曲(他動)運動時の膝蓋骨周囲の疼痛です。
①大腿直筋に対しては、筋に直接圧迫して伸張刺激を加えます。
②外側広筋に対しては、膝関節屈曲運動に伴い徒手的に外側広筋を後内側方向へ徒手的に誘道し、筋の短軸方向への動きを引き出します。
解釈:大腿直筋or外側広筋の伸張性改善が見られ、対象症状が消失した場合、大腿直筋・外側広筋の伸張性の低下が要因になっていたと考えることができます。
*大腿直筋や外側広筋の柔軟性改善により、膝蓋骨の正常な運動が促され、疼痛軽減が行えます。
*大腿直筋は股関節伸展位にて膝関節屈曲位にすると、より伸張することができます。

大腿四頭筋のストレッチ方法のエビデンス

大腿四頭筋のスタティックストレッチ(反動を用いずゆっくり筋を伸張させるストレッチ方法)では、30秒以上のストレッチを行うことが必要です。

関連記事

膝前面の痛み(脛骨粗面、膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋大腿靱帯)と足関節背屈制限の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛み(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)と腸腰筋筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面(脛骨粗面・膝蓋靱帯・膝蓋支帯)の痛みと股関節伸展筋筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛み(膝蓋下脂肪体)と膝蓋下脂肪体拘縮の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛み(膝蓋靱帯・膝蓋支帯、膝蓋下脂肪体、膝蓋大腿靱帯)と大腿四頭筋筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

膝前面の痛み(膝蓋大腿関節)と股関節外転筋筋力低下の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

引用・参考文献