自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

痙縮・筋緊張亢進と物理療法の効果とそのメカニズム

【スポンサーリンク】

痙縮・筋緊張亢進に対しては、運動療法の他に物理両方も行われます。今回、痙縮・筋緊張亢進と物理療法の効果とそのメカニズムについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 痙縮・筋緊張亢進と物理療法の効果とそのメカニズム

痙縮・筋緊張亢進の病態

痙縮の一般的な定義は、

 上位運動ニューロン症候群の一要素で、伸張反射増強の結果として腱反射亢進を伴って生じる、他動伸張時の速度依存性筋緊張亢進の状態

 山口 智史「痙縮に対する物理療法」Journal of CLINICAL RRHABILITATION Vol.26 No.7

とあります。
臨床では、他動伸張だけでなく、動作時の筋緊張亢進が問題となり、それにより生じる動作障害や廃用症候群をさすことも多くあります。
痙縮・筋緊張亢進は反射性要素と非反射性要素に分かれます。
反射性要素は脊髄での反射調節異常によりますが、中枢神経系障害の発症後に起こる上位中枢から脊髄への下行性出力の減少や、末梢神経から上位中枢への上行性入力の減少となります。

脊髄反射は上位中枢との相互作用により調節されているため、脊髄レベルで生じる反射調節の異常は、発症後の上位中枢における神経活動の変化による(mal)adaptationの結果と考えられる。
さらに、発症後の経過とともに努力性の運動や動作により、上位中枢からの下行性出力は努力性となる。同時に、脊髄レベルでは反射経路の過活動や消失、抑制性反射経路の潜在化や促通性反射経路の顕在化が生じることで、同時収縮等の不随意運動を誘発する。この上位中枢における活動変化と脊髄における反射調節の異常は、相互に痙縮を悪化させる。

 山口 智史「痙縮に対する物理療法」Journal of CLINICAL RRHABILITATION Vol.26 No.7

非反射性要素としては、運動麻痺や感覚障害などによっって生じる不活動、不使用による筋構造の変化が考えられます。これはコラーゲンや腱の変性、筋線維の固さの増大、サルコメアの減少などが当てはまります。
構造レベルでの変化は、脊髄レベルでの反射調節異常に影響し、痙縮・筋緊張亢進を強めます。

痙縮・筋緊張亢進と温熱・寒冷療法

温熱・寒冷療法の効果のメカニズムは、γ運動ニューロンの発火量が減少し、筋紡錘の活動性低下により脊髄の過剰な反射の低下により痙縮・筋緊張亢進が減弱します。
温熱刺激は、血液循環をよくし、副交感神経の活動を高めることから、疼痛軽減やリラクゼーションにより痙縮・筋緊張亢進を減弱させる可能性があるとされています。

痙縮・筋緊張亢進と電気刺激療法と振動刺激法

電気刺激療法と振動刺激法の効果のメカニズムは、痙縮・筋緊張亢進の拮抗筋のⅠa求心性線維への刺激によるⅠa抑制性介在ニューロンを介した相反性抑制の増強が考えられます。
拮抗筋からの相反性抑制が高まると、痙縮・筋緊張亢進筋の脊髄運動ニューロンの活動性を低下させ、痙縮・筋緊張亢進が減弱します。

電気刺激療法と運動療法の併用

痙縮・筋緊張亢進に対し、物理療法のみを行うのではなく、運動療法と併用することでその効果が高まると考えられます。
電気刺激療法と随意運動の促通により、痙縮・筋緊張亢進に対してより高い治療効果が得られる可能性があります。
随意運動中に電気刺激を与えることで、随意運動が促通され、拮抗筋の痙縮・筋緊張亢進筋にも相反性抑制を増強することが可能となります。
また、随意運動の促通により、一次運動野から脊髄抑制介在性ニューロンへの下行性出力を増加させた状態で電気刺激も行うことで、その効果を高めることが考えられます。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献

山口 智史「痙縮に対する物理療法」Journal of CLINICAL RRHABILITATION Vol.26 No.7