自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自動車運転再開と注意機能

【スポンサーリンク】

脳卒中発症後に自動車運転を再開する場合、認知機能や高次脳機能と運転について、安全性が保たれているかを評価することになります。自動車運転では注意機能は信号・標識・歩行者の発見と集中、左右・後方への注意配分など、安全性に非常に関わる機能になります。今回、自動車運転再開と注意機能について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 自動車運転再開と注意機能

認知機能と運転

自動車運転と認知機能の関連について、

交通環境から必要な情報を取捨選択し取り込む能力、取り組んだ情報を評価する能力、評価結果から起きうる事態を予測する能力、それらの情報から最適な行動を決定する能力、許容される速さで正確に必要な操作を行う能力などが必要であると考えられる。

 藤田 佳男ら「自動車運転にかかわる認知機能」総合リハ 第45巻4号 2017年4月号

とあります。
運転における判断の過程では運転経験による違いがみられ、例えば交差点での左折時のウインカー操作は初心者にとって意識的な活動となります。一方、熟練者にとってはこの操作は無意識に行われる活動です。
運転が意識的に行われる比率が高ければ運転は緊張感や疲労を伴います。また、無意識レベルの比率が高すぎても居眠り運転などへの影響が考えられます。
運転行動の時間的階層モデルでは、運転行動を上位から順に戦略レベル(運転目的と行程の計画、到着の予測)、戦術レベル(時刻、場所などの行程のモニタリング)、行動レベル(車線・車間の維持、追い越しの実施など)、操作レベル(ハンドル、ブレーキなどの操作)、運動感覚・知覚レベル(速度の判断、前者との距離間などの情報の統合)に分けられ、運転者はそれぞれのレベルに必要な注意を配分することにより、適切な運転につながります。一方、注意の配分が不十分であればリスクが高まります。

運転と注意機能

自動車運転に必要な注意機能の特徴として、

まず覚度または焦点的注意および持続性注意が一定のレベルに保たれている必要がある。
次に、選択的注意のレベルで低下があると、ラジオなどの運転に関係のない刺激に注意を向けてしまい、道路上の危険を見逃す可能性もある。
また、渋滞などの混雑した場面で、重要な対象物に注意を向けられない結果、見落としが増える。
次に、運転は常に周囲に気を配る必要がある作業であり、交代性注意がスムーズでなければ、予想外の事態に素早く対応することは困難であろう。
さらに、一定の分割的注意機能により適切に注意を振り分けることが必要である。

藤田 佳男ら「自動車運転にかかわる認知機能」総合リハ 第45巻4号 2017年4月号

とあります。
自動車運転に必要な視覚情報においては、視野全体を「狭く深く」「広く浅く」みることを連続的に、適切にその配分を変える能力が要求されます。
運転初心者では運転操作を十分に習熟しておらず、緊張などが原因で注意を分割できず、周囲の状況に注意を配分せずに運転を行う傾向があります。
注意には、自己の意識により特定の対象に注意を向ける機能(トップダウン制御)と自己では意識せずとも自動的に注意を向ける機能(ボトムアップ制御)があります。
交差点や横断歩道ではある程度の危険性を経験や知識から予測できるため、トップダウン制御がなされますが、慣れない道路状況などにおいて、予想外に発生する事(飛び出しなど)ではボトムアップ制御がなされます。
自動車運転では、このような注意機能が複雑に処理されているため、実際の交通場面でどのような行動をとるか(安全確認、減速など)、またその自覚を確認、評価することも大切になります。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献

藤田 佳男ら「自動車運転にかかわる認知機能」総合リハ 第45巻4号 2017年4月号