自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝外側痛(後外側支持機構、大腿二頭筋、腸脛靭帯)と腸脛靭帯の過緊張の運動学的評価

【スポンサーリンク】

膝外側痛(後外側支持機構、大腿二頭筋、腸脛靭帯)を引き起こす原因のひとつに、腸脛靭帯の過緊張があります。今回、膝外側痛(後外側支持機構、大腿二頭筋、腸脛靭帯)と腸脛靭帯の過緊張の運動学的評価について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 膝外側痛(後外側支持機構、大腿二頭筋、腸脛靭帯)と腸脛靭帯の過緊張の運動学的評価

腸脛靭帯の過緊張と後外側支持機構

中臀筋(股関節外転の主動作筋)や大腿筋膜張筋は、遠位部で腸脛靭帯と連結します。
中臀筋や大腿筋膜張筋が短縮すると、腸脛靭帯の過緊張を引き起こすことが考えられます。
腸脛靭帯の過緊張は下腿外旋のアライメントにし、この肢位(下腿外旋)が続くことは、腸脛靭帯の緊張をさらに高めてしまいます。これにより、下腿外旋を制動する後外側支持機構に伸張ストレスが加わり疼痛を引き起こします。

happyhealth.hatenablog.com

腸脛靭帯の過緊張と大腿二頭筋

【スポンサーリンク】
 

前途したように、中臀筋や大腿筋膜張筋の短縮により腸脛靭帯の緊張が高まります。
するとその過緊張が下腿外旋を引き起こし、大腿二頭筋による大腿外側に対する摩擦ストレスが大きくなります。

happyhealth.hatenablog.com

腸脛靭帯の過緊張と腸脛靭帯

大臀筋・大腿筋膜張筋、中臀筋は股関節外転作用を有し、腸脛靭帯の近位付着部にあります。これらの筋の短縮は腸脛靭帯の緊張を高め、過緊張が大腿骨外側上付近の脂肪体に圧縮ストレスを大きくし、疼痛を引き起こします。

happyhealth.hatenablog.com

腸脛靭帯伸張性テスト:Ober test

①側臥位にて膝関節90°屈曲位とし(下側)、体幹延長線まで股関節伸展・外転位に保持します(上側)。
②上側の下肢の腸骨陵と大腿遠位部を把持し、把持していた手を放します。
解釈:内転制限(+)で陽性
*大腿筋膜腸筋、腸脛靭帯が伸張位となる股関節肢位から下肢を落下させることで、伸張性の低下を評価しています。
*腸脛靭帯の近位部には大腿筋膜張筋、大殿筋、中臀筋も合流しており、テストが陽性になれば、これらの筋肉の伸張性の低下が疑われます。

股関節外転筋における短縮筋の見分け方

股関節外転筋のどの筋が短縮しているかを鑑別する検査はありません。
中臀筋、小臀筋、大腿筋膜張筋にアプローチし、その前後で股関節内転角度の変化を見て判断します。

中臀筋:
側臥位にて股関節外転運動を行い、運動に伴う中臀筋の後方移動を徒手誘導します。

小臀筋:側臥位にて股間節内旋運動を自動運動にて行い、それに伴い小臀筋の前方移動を徒手誘導します。

大腿筋膜張筋:
側臥位にて下側の股関節を最大屈曲し、骨盤後傾位で固定します。
上側の下肢を内転させ、さらに股関節伸展・外旋位とし上側の大腿筋膜張筋をストレッチします。

判定と解釈:各筋にアプローチし、その前後での股関節内転角度の変化を評価します。

関連記事

膝外側の痛み(腸脛靭帯)と外側広筋の運動学的評価、リラクゼーション - 自分でできる体健やかブログ

膝外側の痛み(腸脛靭帯)と膝関節内反不安定性の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

参考文献