自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝外側の痛み部位の同定法:大腿二頭筋

【スポンサーリンク】

膝外側の意痛みの原因として、膝外側に加わる摩擦ストレスが挙げられます。摩擦ストレスにより痛みが生じている場合、大腿二頭筋が痛みを引き起こしている部位である可能性が高くなります。今回、膝外側の痛み部位の同定法として、大腿二頭筋について文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 膝外側の痛み部位の同定法:大腿二頭筋

膝外側の痛みと摩擦ストレス

膝外側には伸長ストレス、摩擦ストレス、圧縮ストレスが加わります。
膝外側に摩擦ストレスが生じる場合、膝の外側に存在する組織(大腿二頭筋)の伸長性低下や、下腿過外旋を生じることにより起こると考えられます。

大腿二頭筋への痛みが発生する解剖学的知識とメカニズム

大腿二頭筋は長頭と短頭からなります。長頭は坐骨結節から、短頭は大腿骨粗線外側唇から起始し、停止は長頭・短頭ともに腓骨頭に停止します。両筋は共同腱となっており、膝窩の外側を通り、外側側副靭帯の後外側から腓骨頭に停止します。
大腿二頭筋と外側側副靭帯の走行の関係性から、摩擦ストレスが生じやすいといえます。この部位には大腿二頭筋下滑液包があり、摩擦ストレスを和らげる働きがあります。
この部位への摩擦ストレスは、大腿二頭筋や外側側副靭帯の緊張亢進により大きくなると考えられます。


出典:運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略


出典:運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

大腿二頭筋の触診方法

【スポンサーリンク】
 

起始部では半膜様筋と共同腱を持つため、触診では腓骨頭側からが触知しやすくなります。
膝関節屈曲運動を行うことで筋収縮が得られますが、この際、下腿内旋位だと膝内側屈筋群(半腱様筋・半膜様筋)の収縮量が大きくなるため、下腿外旋位(つま先が外を向く)として膝屈曲を誘導します。
まず停止腱の触知を行い、収縮を確認しながら、停止部付近まで触診していきます。

大腿二頭筋の整形外科テスト

大腿二頭筋の摩擦ストレスへの整形外科テストは存在しないため、触診から圧痛の確認や筋緊張亢進の所見を確認していきます。

圧痛や筋緊張亢進の把握の次に考えること

大腿二頭筋の圧痛や筋緊張亢進を確認することで、その部位に疼痛が発生していたことを評価できます。
次に、大腿二頭筋の筋緊張を亢進させる要因を考えます。
ひとつには、下腿の回旋異常があり、下腿過外旋のアライメントの定着により下腿外旋作用を有する大腿二頭筋の短縮が生じ、大腿二頭筋下滑液包に対して摩擦ストレスが増大すると考えられます。
ふたつには、腸脛靭帯の過緊張があります。
腸脛靭帯には、股関節外転筋である中臀筋や大腿筋膜腸筋が合流します。股関節外転筋の短縮により腸脛靭帯の緊張も亢進し、この過緊張は下腿外旋を引き起こし、大腿二頭筋での大腿外足部への摩擦ストレスが増大し、疼痛につながることが考えられます。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

膝外側の痛み(腸脛靭帯)と膝関節内反不安定性の運動学的評価 - 自分でできる体健やかブログ

参考文献