自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝内側の痛みと内側半月板の整形外科的テスト

【スポンサーリンク】

膝内側の痛みの原因のひとつとして、内側半月板が考えられます。内側半月板に由来する機能障害では、圧縮ストレスが関与していると考えられます。今回、膝内側の痛みと内側半月板の整形外科的テストについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 膝内側の痛みと内側半月板の整形外科的テスト

圧縮ストレスと内側半月板

圧縮ストレスにより疼痛が生じる場合には、内側半月板からくる機能障害が考えられます。

大腿脛骨関節が内反強制されることで、膝内側に圧縮ストレスが加わる。また、O脚変形などのアライメント異常が存在する場合、膝内側に加わる圧縮ストレスは増強する。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 P235

内側半月板により痛みが生じるメカニズム

内側半月板は、3層のコラーゲン繊維からなり、剪断・圧縮ストレスに抗する構造になっています。
侵害受容器(自由神経終末)、機械受容器(ルフィニ小体、ぱちに小体、ゴルジ腱器官)が内側半月板の辺縁1/3にあります。辺縁において内側半月板が損傷すると、膝内側の疼痛が生じると考えられます。
半月板の作用により、大腿脛骨関節の適合性を高めることができ、そのために半月板は膝関節屈曲伸展運動に伴い前後方向に移動します。

 

屈曲

伸展

内旋

外旋

内側半月板

後方

前方

前方

後方

外側半月板

後方

前方

前方

後方

【スポンサーリンク】
 

半月板の後角には半膜様筋が後斜靭帯・後方関節包を通じて付着しています。これらの組織の短縮や筋力ができ化することにより、内側半月板の移動が阻害されると、半月板の損傷が引き起こされやすくなります。
半月板のもう一つの作用として、大腿脛骨関節の圧縮応力を軽減する緩衝作用があります。
半月板損傷では衝撃吸収がなされず、大腿脛骨関節への負担が増大してしまい、関節の安定性が損なわれます。また、半月板の可動性低下も引き起こし、膝関節屈曲において後方で圧縮ストレスの負荷がかかり、疼痛が生じると考えられます。

内側半月板の触診方法

内側半月板の触診では、前節では膝関節屈曲位、後節では膝関節伸展位として行います。
内側半月板は大腿脛骨関節の裂隙に沿って触診し、大腿脛骨関節裂隙を広げることで触れやすくなります。

内側半月板の整形外科的テスト:Mcmurray test

①背臥位にて膝関節裂隙と下腿遠位部を把持し、膝関節伸展と内旋・外旋の複合運動を誘導します。
解釈:疼痛やクリック音がなると陽性となります。
*膝関節の回旋運動を行いながら伸展させることで、半月板に圧縮ストレスと剪断ストレスをかけることができます。
*膝関節屈曲角度の変化で半月板への圧縮ストレスがかかる部位が変化するため、屈曲角度を変えながら行います。
*感度や特異度はばらつきがあり、圧痛所見など他の情報を含めて総合的にみていきます。

内側半月板の整形外科的テスト:Thessaly test

①膝関節軽度屈曲位(約20°)での片脚立位で、検者は両上肢を把持します。
体幹の回旋に伴う膝関節回旋を誘導します。
解釈:関節裂隙の不快感、ロッキング(引っ掛かる感じがして膝が動かせない)、キャッチング(何となく引っかかるが膝が動かせる)の訴えで陽性となります。
*荷重位にて膝回旋を加えると、半月板に圧縮・剪断ストレスがかかります。
*膝屈曲約20°で行うと感度と特異度が高いとされています。
*損傷を悪化させないように注意して行います。

半月板損傷の理由

内側半月板の損傷は、膝関節内側への圧縮・剪断ストレスがかかることにより生じます。
膝関節内側への圧縮ストレス増大の理由として、膝関節の内反があります。また、膝関節屈曲拘縮により膝関節軽度屈曲位となると、膝関節の側方安定性が低下し、膝関節内側に対する圧縮ストレスが増大します。
前途した、半月板に付着する組織の短縮、筋力低下などにより半月板の移動が制限されると、損傷や疼痛を引き起こすことになります。

 関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献