自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝内側の痛みと半膜様筋、腓腹筋内側頭

【スポンサーリンク】

膝内側の痛みの原因のひとつとして、伸張ストレスによって生じる疼痛があります。伸張ストレスによる疼痛では、半膜様筋、腓腹筋内側頭に由来する機能障害が考えられます。今回、膝内側の痛みと半膜様筋、腓腹筋内側頭について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 膝内側の痛みと半膜様筋、腓腹筋内側頭

膝内側の痛みと力学的ストレス

膝内側の痛みの原因には、伸張ストレスと圧縮ストレスがあります。

大腿脛骨関節が外反強制されることで、膝内側には伸張ストレスが加わる。X脚変形の場合や膝内側の軟部組織の伸張性が低下している場合、あるいはその両方が混在した時、膝内側へのストレスは増強する。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 P235

伸張ストレスを引き起こすものとして、内側側副靭帯、鷲足、半膜様筋、腓腹筋内側頭の機能障害があります。

半膜様筋、腓腹筋内側頭による疼痛発生のメカニズム

半膜様筋は半腱様筋に覆われた腱で、坐骨結節から起始し、脛骨内側、後斜靭帯、斜膝窩靭帯、膝窩筋に停止します。支配神経は脛骨神経で、股関節伸展・内転、膝関節屈曲、下腿内旋の作用があります。
半膜様筋の停止部は安定性に関わる靭帯などに付着しているため、内側側副靭帯や後斜靭帯、斜膝窩靭帯などの損傷があると、半膜様筋が張力を発生させると、損傷部に力学的ストレスがかかります。靭帯の不安定性を補うために半膜様筋に過剰収縮が起こることが考えられます。
腓腹筋内側頭は大腿骨内側から起始し、踵骨隆起に停止します。支配神経は脛骨神経で、下腿内旋、足関節底屈、膝関節屈曲の作用をもちます。
腓腹筋内側頭の起始部は半膜様筋に覆われるように深くにあり、半膜様筋、腓腹筋の筋緊張異常や短縮などがあると、2つの筋間で滑走不全が生じ、筋スパズムを引き起こすことが考えられます。

 腓腹筋内側頭の深層には後内側の関節包が位置しており、疎性結合組織性に連結してる。腓腹筋内側頭の滑走性の低下は、同部分の疎性結合組織の動きを減らす。コラーゲン線維の増加や細胞外基質の変化が生じると、関節包の伸張性が低下し、屈曲拘縮が生じると考えられる。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 P241

半膜様筋と腓腹筋内側頭の触診

【スポンサーリンク】
 

半膜様筋は膝関節自動屈曲を行い、まず半腱様筋が明確に触知でき、そのすぐ内側で1横指程度の幅の半膜様筋の触知が可能です。腱を触知できたら、近位へたどりますが、半膜様筋の内側は、大腿骨中央付近まで薄筋と隣接しています。
腓腹筋内側頭は、足関節自動底屈により、下腿中央の内側で遠位縁の触知ができます。膝窩部で半膜様筋の深層にある部分は、膝屈曲位(半膜様筋の緊張を取り除く)とすると触知しやすくなります。
両筋の間で滑走不全がある場合、圧痛が生じることがあり、両筋の間も触診します。

半膜様筋、腓腹筋内側頭のトリガー組織判別テスト

半膜様筋
①背臥床位にて膝関節屈強運動を自動介助で行います。その際半膜様筋の収縮に伴う外側方向への移動を誘導します。
腓腹筋内側頭
①腹臥位にて足関節底屈運動を行い、その際に腓腹筋内側頭の収縮に伴い、膝窩内側で半膜様筋の深層に入る動きを誘導します。

解釈:半膜様筋、腓腹筋内側頭の圧痛が消失し、膝関節伸展可動域が改善すれば、半膜様筋、腓腹筋内側頭の過緊張が原因として考えられます。
*下腿外旋アライメントの異常がある場合、外側の大腿二頭筋などの影響が大きくなるため、膝関節のアライメントに注意しておく必要があります。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献