自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

膝内側の痛みと内側側副靭帯の整形外科テスト

【スポンサーリンク】

膝内側の伸張ストレスによる疼痛の原因のひとつとして、内側側副靭帯に由来する機能障害があります。今回、膝内側の痛みと内側側副靭帯の整形外科テストについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 膝内側の痛みと内側側副靭帯の整形外科テスト

膝内側の痛みと力学的ストレス

膝内側に加わる力学的ストレスとしては、伸張ストレスと圧縮ストレスがあります。

大腿脛骨関節が外反強制されることで、膝内側には伸張ストレスが加わる。X脚変形の場合や膝内側の軟部組織の伸張性が低下している場合、あるいはその両方が混在した時、膝内側へのストレスは増強する。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 P235

伸張ストレスが原因で起こる疼痛には、内側側副靭帯、鵞足、半腱様筋・腓腹筋内側頭があります。

内側側副靭帯由来の痛み発生の解剖学的評価

内側側副靭帯(MCL)は、内側膝蓋支帯から縫工筋の筋膜の間に存在する大腿深筋膜である第1層、浅層繊維で表層のMCLと呼ばれる第2層、後内側関節包で深層のMCLと呼ばれる第3層からなると考えられている。
また、大内転筋結節から起始し、膝関節後内側部を斜走した後、3つの繊維束に分岐し、脛骨の後縁、斜膝窩靭帯の近位部から後方関節包、半腱様筋とその腱鞘に付着する後斜走繊維束が存在する。

運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略 P236

MCLは外反を制御する役割がありますが、膝関節軽度屈曲での外反強制で膝内側の痛みが生じた場合、MCLの損傷が疑われます。
MCLは膝最大屈曲においても緊張が高まるとされており(巻き込み現象:表層のMCLの下に後斜走繊維束が潜り込むように巻き込まれる)、膝最大屈曲位で大腿骨内側上に疼痛が生じることがあります。
MCLは下腿外旋の制御も行っており、膝屈曲運動で下腿の内旋が少ないと、最終屈曲域で内側上付近の疼痛が生じることがあります。

【スポンサーリンク】
 

MCLは触診可能で、前方から後方にかけ膝内側裂隙を触知すると、裂隙が不明瞭になる部分があり、その後また明瞭になりますが、不明瞭な領域がMCLの幅になります。
圧痛の確認は大腿骨付着部と脛骨付着部の両方で疼痛を確認します。

内側側副靭帯損傷の整形外科テスト:ダイアルテスト

①背臥位あるいは腹臥位で膝屈曲30°および90°を開始肢位とします。
②検者は足部を把持し、下腿外旋させます。
解釈:下腿外旋角度に左右差がみられる場合陽性となります。
*内側側副靭帯損傷により前内側回旋不安定性が生じることで陽性になります。
*筋緊張が高い場合、正確に評価できません。
*このテストでは後十字靭帯や前十字靭帯の損傷においても陽性となります。

内側側副靭帯損傷の整形外科テスト:外反ストレステスト

①背臥位で膝関節外側と下腿遠位部を把持します。
②膝関節を外反させます。
解釈:疼痛や不安定性(+)で陽性となります。
*MCLに対して外反強制により伸張ストレスを加えています。
*筋緊張が高い場合正確に評価できません。
*膝関節屈曲角度の変化によりストレスがかかる部位が変わるため、角度を変えながら行います。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献