自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

肩上方の痛みと棘下筋の疼痛誘発テスト

【スポンサーリンク】

肩上方の痛みがある場合、棘下筋が原因となっていることがあります。棘下筋はローテーターカフを構成する筋のひとつであり、肩関節の安定性を保つ役割がある重要な筋肉です。今回、肩上方の痛みと棘下筋の疼痛誘発テストについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

 肩上方の痛みと棘下筋の疼痛誘発テスト

肩上方の痛みに関与する力学的ストレス

肩上方に関する力学的ストレスには、上肢下垂位では上肢の重みにより伸張ストレスが加わります。
上肢挙上では肩関節上方組織が肩峰に入り込む際に圧縮ストレスが生じます。
さらに上肢を大きく挙上させることで、圧縮ストレスに剪断ストレスが生じます。
伸張ストレスにより痛みが生じている場合、棘上筋、棘下筋、肩甲上神経の問題が考えられ、圧縮ストレスと剪断ストレスにより痛みが生じている場合、棘上筋、棘下筋、肩峰下滑液包の問題が考えられます。

肩上方の痛みと棘上筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

棘下筋の解剖学的評価

棘下筋は肩甲棘下窩から起始し、上腕骨大結節の後方から後上方部分に停止します。支配神経は肩甲上神経であり、肩関節外旋に作用します。
棘下筋の停止にはバリエーションがあることが考えられ、大結節前上方部分の前内側部にも付着しているとの意見もあります。
棘下筋などの腱板(ローテーターカフ)は肩甲骨関節窩に上腕骨頭を求心位に保つ役割があります。

肩最大挙上時には上・下関節靭帯の緊張により安定しますが、中間域では腱板筋の働きによる安定化が図られる必要があります。
上肢挙上位から下垂位に下ろすときには、棘上筋や棘下筋には遠心性収縮による負荷が加わり、強い牽引力による影響が考えられます。

肩上方の痛みと棘上筋の疼痛誘発テスト - 自分でできる体健やかブログ

【スポンサーリンク】
 

棘下筋の触診

棘下筋は多くの部分が肩甲骨棘下窩より下側で触知することが可能です。
停止部の方では三角筋の不覚に入り込んでおり、大結節前上方や後方から後上方部に停止する繊維は肩峰の深くに入り込むため触知が困難になります。
肩峰下では棘下筋に加えて棘上筋、烏口上腕靭帯などの軟部組織も腱板と一緒になることから、各組織を別々に評価するというよりも、第2肩関節というおおきなくくりで損傷などの確認を進めていきます。

棘下筋の疼痛誘発テスト:external rotation lag sign

①座位にて肩関節下垂位、肘関節90度屈曲位をとります。
②検者により肩関節外旋運動を他動的に行います。
③再度開始肢位に戻り、自動運動で肩関節外旋します。
解釈:自動運動により他動運動の可動域まで運動不可であれば陽性。
*肩関節外旋に作用する筋には棘下筋と小円筋があり、棘下筋は小円筋よりも面積が広いことから、より肩関節外旋に強く作用しているとされています。自動・他動運動の差は、筋力低下を表しているので、外旋運動における自動・他動運動を確認します。
*テストの特異度は1.00であり、陽性であれば損傷があると考えます。感度は0.7となっており、損傷があっても結果が陰性になることがあるため、画像所見などを通じて判断します。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献