自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

DAS28によるRAの疾患活動性評価の概要と評価方法、結果の解釈

【スポンサーリンク】

リウマチの疾患活動性を評価するツールとして、DAS28があります。関節リウマチの治療目標は寛解であり、種々の治療における成果を評価し、寛解に近づいているかを把握することになります。今回、DAS28によるRAの疾患活動性評価の概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

目次

DAS28によるRAの疾患活動性評価の概要と評価方法、結果の解釈

DAS28の概要

DAS(disease activity score)28は、リウマチの疾患活動性(炎症と自他覚症状)について評価する方法のひとつです。
リウマチにおける、臨床的寛解についての指標になります(他に、構造的寛解、機能的寛解があります)。
DAS28では、①関節の疼痛(圧痛)②関節の腫脹③VAS④CRP/ESRを用いて計算されます。CRPを用いたものがDAS28-CRP、ESRを用いたものがDAS28-ESRと呼ばれます。

DAS28の評価方法

①関節疼痛では、左右28箇所の関節(肩関節2、肘関節2、手関節2、手指20、膝関節2)における圧痛を評価します。

②関節の腫脹では、上記28箇所の関節における腫脹の数を評価します。

③VAS(ビジュアル・アナログ・スケール)では、100mmのスケールにおいて、0mmを「大変調子が良い」、100mmを「大変調子が悪い」とし、どのあたりになるかを患者に自己記入してもらいます。

CRP/ESRでは、各数値を調べます。
 なお、赤血球沈降速度(ESR)の基準値(mm/1時間)は成人男性で0-7、女性で2-16とされています。
 CRPの基準値(mm/dl)は以下のようになります。

【スポンサーリンク】
 

一般的な基準値の範囲

0.3以下

軽い炎症などが検討される範囲

0.4~0.9

中程度の炎症などが検討される範囲

1.0~2.0

中程度以上の炎症などが検討される範囲

2.0~15.0

重体な疾患の発症の可能性が検討される範囲

15.0~20.0

 

①〜④の各数値が把握できたら、計算式を用いてスコアを算出します。

**DAS28-ESR = 0.555×√(TJC)+0.284×√(SJC)+0.7×LN(ESR)+0.0142×(VAS)   
**DAS28-CRP=0.555×√(TJC)+0.284 ×√(SJC)+0.36 ×LN((CRP)×10+1)+0.0142×(VAS)+0.96
**TJC: tender joints count, SJC: swollen joints count, E: ESR(mm/hr), C: CRP(mg/dl), VAS: Visual analogue  scale(患者によるGeneral Health:0-100m

http://www.hakatara.net/images/no12/12-1.pdf

自動計算計算を行ってくれるサイトもあります。

DAS28-CRP計算|大阪大学 免疫内科

DAS28の結果の解釈

疾患活動性の判定基準は以下のようになります。

評価指標

寛解

低疾患活動性

中程度疾患活動性

高疾患活動性

DAS28-ESR

<2.6

<3.2

3.2~5.2

>5.1

DAS28-CRP

<2.3

<2.7

 2.7〜4.1

>4.1

リハビリテーションで、セラピストが関わるのは主に機能的寛解に向けてですが、DAS28のような疾患活動性の評価を知っておくことも必要と考えます。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考

http://www.hakatara.net/images/no12/12-1.pdf

http://www.hakatara.net/images/no12/12-1.pdf

関節リウマチの治療目標 | 武蔵境 湯川リウマチ内科クリニック