自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

手術後や感覚過敏など肌の負担を軽減する!完全無縫製インナー!

【スポンサーリンク】

衣服は毎日身につけるものであり、そのファッション性や着心地は装う上で大切なポイントになります。手術後や感覚障害による感覚過敏状態、肌の弱さなどを抱える方にとって、肌着の心地よさは活動する上においても重要になります。今回、手術後や感覚過敏など肌の負担を軽減する完全無縫製インナーについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

手術後や感覚過敏など肌の負担を軽減する!完全無縫製インナー!

肌着の重要性

肌着は直接皮膚に触れる衣服であり、その快適性や着心地のよさは活動を行う上で大切です。
手術では術創部に肌着が触れることで違和感や痛みを感じることもあります。また感覚障害により感覚過敏状態があると、少しの他の刺激が入力されるだけでも嫌な感じを受けてしまうこともあります。年齢を重ねるにつれて、生理的な肌の変化もあります。
肌着はその差材により、ピリピリ、チクチク感を受けやすく、縫い目や洗濯表示、ブランドタグが皮膚に触れることも刺激になり肌トラブルを起こしやすくなります。ワイヤーやゴムの締め付けによってもストレスを感じることもあります。

【スポンサーリンク】
 

完全無縫製®インナー

完全無縫製®インナーは、縫い目が一切なく、袖がついている商品でも糸を使用しない接着仕様になっており、安全性に優れた特殊な接着剤で生地をつなぎ合わせています。
縫い目がないため着心地がよく快適で、チクチクやピリピリ感といった刺激が起こりにくいという特徴があります。
また素材はほつれにくいため肌に当たって気になる部分は自分好みにはさみでカットでき、アレンジすることが可能です。
他の市販品では、衿ぐりや袖ぐりをテープ状の布で包んで縫い代を処理しているため、その縫い代で肌に負担をかけダメージを与えてしまうことがあります。
完全無縫製®インナーでは、縫い目がなく肌への負担が少ないこと、洗濯表示をプリントすることでチクチク、ピリピリ、かゆみの原因を軽減しています。
素材はストレッチ性があり、食い込みや締め付けが少なく体へのフィッット感が高く、着心地がよくなるように設計されています。
商品ラインナップには2分袖インナー、ランニング型インナー、8分袖インナー、ハーフトップ、ショーツなどがあります。

Medicure(メディキュア)

Medicureは完全無縫製®の機能に加え、綿以上の柔らかさと吸放湿性があり、洗剤や皮脂汚れをしっかりと落とせる機能があります。
洗濯を100回繰り返しても効果が持続するとされており、汗の臭いの原因(アンモニア)を中和分解するため消臭機能に優れています。
メディキュアは通販限定商品であり、GUNZE公式通販サイトを見てください。