自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

日本版GHQ(精神健康調査票)の概要と評価方法、結果の解釈

【スポンサーリンク】

成人の精神健康状態を測る指標として、日本語版GHQ(The General Health Questionnaire)があります。今回、日本版GHQ(精神健康調査票)の概要と評価方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

日本版GHQ(精神健康調査票)の概要と評価方法、結果の解釈

参考文献

http://repository.hyogo-u.ac.jp/dspace/bitstream/10132/4049/1/iwai1998_3.pdf

日本版GHQ(精神健康調査票)の概要

GHQ(精神健康調査票)は  Goldberg(1978)により作成されたもので、一般人口中の成人(12歳〜成人)を対象とした60項目の精神的健康度のスクリーニングテストであり、その短縮版GHQ-30・GHQ-28(それぞれ30項目・28項目)(Goldberg&Hillier,1979)とともに,日本語版の妥当性・信頼性が確認されています(大坊・中野 ,1987)。
2~3週間前から現在までの健康状態で精神的・身体的問題があるかどうかについて把握していきます。質問内容は日常的、身近なもとなっており、人種、宗教、文化、社会が異なっても違和感ありません。
所要時間は5〜10分程度です。
リハビリにおいては、介護者(家族)の精神健康状態をスクリーニングする際にも使用できるかと思われます。

 

日本版GHQ(精神健康調査票)の評価方法(GHQ-30について)

回答者は各質問項目を読み、4種類の選択肢のいずれかで自分の状態に対応するものを◯で囲みます。 採点は回答選択肢得点を合算してGHQ得点を記入し判定します。

GHQ60の回答結果を因子分析し、 そのうち因子性の明確な6因子(一般的疾患傾向、身体的症状、睡眠障害、社会的活動障害、不安と気分変調、希死念慮とうつ傾向)を採用し、 各因子の代表項目(各5項目)で構成されています。

http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/download/pamphlet/2017GHQ.pdf

【スポンサーリンク】
 

1.何かするときにいつもより集中して
 できた いつもとかわらなかった いつもよりできなかった まったくできなかった

2.心配ごとがあって、よく眠れないようなことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

3.いつもより頭がすっきりしてさえていると感じたことは
 たびたびあった いつもとかわらなかった いつもよりさえなかった まったくさえなかった

4.いつもより元気ではつらつとしていたことが
 たびたびあった いつもとかわらなかった 元気がなかった まったく元気がなかった

5.落ち着かなくて眠れない夜を過ごしたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

6.いつもより忙しく活動的な生活を送ることが
 たびたびあった いつもとかわらなかった なかった まったくなかった

7.いつもより外出することが
  多かった いつもとかわらなかった 少なかった ずっと少なかった

8.皆とくらべて同じように仕事が
 皆より以上によくできた 皆と同じようにできた できなかった まったくできなかった

9.いつもよりすべてがうまくいっていると感じることが
 たびたびあった いつもとかわらなかった なかった まったくなかった

10.いつもよりまわりの人々に親しみや暖かさを感じることが
 たびたびあった いつもとかわらなかった なかった まったくなかった

11.いつもよりまわりの人々とうまくつきあっていくことが
 できた いつもとかわらなかった できなかった まったくできなかった

12.いつもより自分のしていることに生きがいを感じることが
 あった いつもとかわらなかった なかった まったくなかった

13.いつもより容易に物事を決めることが
 できた いつもとかわらなかった できなかった まったくできなかった

14.いつもストレスを感じたことが
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

15.問題を解決できなくて困ったことが
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

16.日常生活はいつも競争であると考えたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

17.いつもより日常生活を楽しく送ることが
 できた いつもとかわらなかった できなかった まったくできなかった

18.困ったことがあってつらいと感じたことは
 なかった あまりなかった あった たびたびあった

19.たいした理由がないのに、何かがこわくなったりとりみだすことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

20.いつもより問題があった時に積極的に解決しようとすることが
 できた いつもとかわらなかった できなかった まったくできなかった

21.いつもよりいろいろなことを重荷と感じたことは
 まったくなかった いつもとかわらなかった あった たびたびあった

22.いつもより気が重くて、憂うつになることは
 まったくなかった いつもとかわらなかった あった たびたびあった

23.自信を失ったことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

24.自分は役に立たない人間だと考えたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

25.人生にまったく望みを失ったと感じたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

26.いつもより自分の将来は明るいと感じたことは
 たびたびあった あった なかった まったくなかった

27.一般的にみて、しあわせといつもより感じたことは
 たびたびあった あった なかった まったくなかった

28.不安を感じ緊張したことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

29.生きていることに意味がないと感じたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

30.ノイローゼ気味で何もすることができないと考えたことは
 まったくなかった あまりなかった あった たびたびあった

*回答選択枝の左から順に、それぞれ0、0、1、1点を与え、合計します。

結果の解釈

各項目の合計により、得点を算出します。

【スポンサーリンク】