自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

GDSの概要と実施方法、結果の解釈

【スポンサーリンク】

GDS(Geriatric Depression Scale)は高齢者のための自己記入式のうつ病スクリーニング検査です。今回、GDSの概要と実施方法、結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

GDSの概要と実施方法、結果の解釈

高齢者とうつ

うつは高齢者の精神症状のなかでも頻度が高く、うつ病を有する高齢者はそうでない者と比較して介護保険の申請に至る可能性が高いことが報告されているようです。
うつは日常生活動作能力の低下や、QOL低下とも関連しており、うつ病の診断を的確に行えることは重要です。
リハビリセラピストとしては、高齢者のうつ傾向が疑われる場合、早期発見の一助となるように動いていく必要があります。
うつと自殺について、

高齢者者では自殺既遂率が高いことが報告されている。実際,うつ病のスクリーニングと自殺予防の介入を組み合わせることで,自殺率を約50%低下させることに成功した事例も報告されている。

 高齢者ケアにおけるアセスメント:精神的側面

とあります。

高齢者のうつの特徴

高齢者のうつでは多様な症状が存在し、身体症状、不安焦燥などの精神症状、物忘れの訴えなどが中心であり、気分の落ち込みや意欲低下が見られる(語られる)ことは少ないと言われています。
また睡眠障害や食欲低下は、高齢者では元から存在していることも多く、うつを見分ける手がかりとしては弱いといえます。

GDSの概要

GDS(Geriatric Depression Scale)は高齢者のための自己記入式のうつ病スクリーニング検査です。
完全版は30項目で、短縮版(15or5項目)もあります。集中力・理解力低下がある場合、短縮版がよいとされています。

【スポンサーリンク】
 

評価項目

自分の生活に満足していますか。* はい/いいえ
これまでやってきたことや興味があったことの多くを,最近やめてしまいましたか。* はい/いいえ
自分の人生はむなしいものと感じますか。* はい/いいえ
退屈と感じることがありますか。* はい/いいえ
将来に希望がありますか。 はい/いいえ
頭から離れない考えに悩まされることがありますか。 はい/いいえ
ふだんは気分のよい方ですか。* はい/いいえ
自分に何か悪いことが起るかもしれないという不安がありますか。* はい/いいえ
あなたはいつも幸せと感じていますか。* はい/いいえ
自分は無力と感じることがよくありますか。* はい/いいえ
落ち着かずいらいらすることがよくありますか。 はい/いいえ
外に出て新しい物事をするより,家の中にいる方が好きですか。* はい/いいえ
自分の将来について心配することがよくありますか。 はい/いいえ
ほかの人に比べて記憶力が落ちたと感じますか。* はい/いいえ
いま生きていることは素晴らしいことと思いますか。* はい/いいえ
沈んだ気持になったり,憂うつになったりすることがよくありますか。 はい/いいえ
自分の現在の状態はまったく価値のないものと感じますか。* はい/いいえ
過去のことについて,いろいろと悩んだりしますか。 はい/いいえ
人生とは,わくわくするような楽しいものと思いますか。 はい/いいえ
いまの自分にはなにか新しい物事を始めることはむずかしいと思いますか。 はい/いいえ
自分は活力が満ちあふれていると感じますか。* はい/いいえ
いまの自分の状況は希望のないものと感じますか。* はい/いいえ
ほかの人はあなたより恵まれた生活をしていると思いますか。* はい/いいえ
ささいなことで落ち込むことがよくありますか。 はい/いいえ
泣きたい気持になることがよくありますか。 はい/いいえ
物事に集中することが困難ですか。 はい/いいえ
朝,気持ちよく起きることができますか。 はい/いいえ
あなたは,社交的な集まりに参加することを避けるほうですか。 はい/いいえ
あなたは簡単に決断することができるほうですか。 はい/いえ
昔と同じくらい頭がさえていますか。 はい/いいえ

太字をうつ傾向として加算していきます。
*マークは短縮版に使用されている項目です。

結果の解釈

太字の合計点を算出します。
完全版は11 点以上をうつ状態と判定します 短縮版では5 点以上をうつ傾向あり、11点以上で明らかなうつ状態と判定します。
認知症失語症がある場合、うつの診断は困難になります。

認知症うつ病を合併することで、 実際の重症度以上に生活機能が低下してしまうこと(過剰障害) があり,認知症の重症度に関わらず常にうつを念頭に置いてアセスメントしていく必要がある。若年者のうつで診断の根拠となる抑うつ気分や興味喜びの消失は言語的能力の低下がある場合は確認が困難である。そこで,社会的交 流やいつもの活動に反応して表出される興味や喜び,社会的ひきこもりや孤立といった他者から評価可能な症状に注目してアセスメントする必要がある。

高齢者ケアにおけるアセスメント:精神的側面

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献

加藤 佑佳ら「高齢者ケアにおけるアセスメント:精神的側面」高齢者のケアと行動科学 特別号 2011 第16 巻 PP. 16–30