自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

FIM「移乗(浴槽)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

【スポンサーリンク】

FIMにおける「移乗(浴槽)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

FIM「移乗(浴槽)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

「移乗(浴槽)」の定義

浴槽またはシャワー室に入り、そこから出る動作を評価する。
浴槽のそばまで近づくことは含まれません。
浴槽のそばにいる状態から浴槽をまたぎ、浴槽内に入り、和式の浴槽であれば沈み込むこととその戻りが採点されます。
シャワー浴のみの人はシャワー椅子への移乗を評価します。

自立(7点)

装具や手すり、補装具などが不要で自力で移乗している。

修正自立(6点)

装具、手すり、補助具などが必要。

準備の例(5点)

浴室台をその場で取り付ける、簡易手すりをその場で取り付ける、バスボードをその場で取り外しするなど。

介助の評価

4点:片足をまたがせる介助が必要
3点:両足をまたがせる介助が必要
2点:かなり引き上げてもらう必要あり
1点:全介助、二人で引き上げる、機械浴利用

【スポンサーリンク】
 

具体的採点例

7点:浴槽に移乗ができるが、浴槽から脱衣所までの通路が妨害されていてその通行に 介助を要する(浴槽に近づくことは移動の項目で評価する)。
6点:浴槽周囲の手すりと、滑り止めゴムマツトを用いて自立している。
6点:シャワー椅子や浴槽腰掛けを使って自立している。
5点:浴槽の腰掛けに自分で移乗できるが、表面が濡れているため監視を望んでいる。
4点:シャワー椅子から移乗するのに椅子をおさえていてもらう必要がある。
4点:歩行器からは自分で浴槽に移り、左足は自分で入れるが、右足は介助、その際手すりにつかまっている。
3点:両足の出し入れが介助。
3点:多少引き上げてもらう、浴槽をまたぐ際持ち上げてもらう。
3点:移乗をはじめる際、介助者にいくらか持ち上げてもらう、自分で回って浴槽ベンチに腰を下ろす際介助者に支えていてもらう。
2点:立ち上がる際、介助者にかなり持ち上げてもらう、回るとき支えてもらい、浴槽ベンチに腰を下ろす際も手伝ってもらう。
1点:行っていない。
1点:浴槽移乗ができるがスポンジ浴を好み移乗しようともしない。
1点:ハローべストをつけているため浴槽移乗をしていない。

疑問点の解消

・浴槽のふちを使う場合は自立となります。
・またぎ、沈む、つかるに優先はなく、点数の低い方を採用します。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献