自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

FIM「排尿管理」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

【スポンサーリンク】

FIMにおける「排尿管理」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

FIM「排尿管理」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

排泄コントロールと評価時の注意点

排泄コントロールには、「排尿管理」と「排便管理」が含まれます。
評価では「失敗」と「介助」を評価し、別々に点数をつけ、「低い点数の方」を採用します。

排尿管理の定義

排尿をしてもよい状況で、タイミングよく括約筋を緩めるところを評価します。
排尿前後の動作(衣服の上げ下げ)、陰部の清潔は含みません。

「失敗」の考え方と評価

「失敗」と「失禁」は別物になります。
失禁は本人の意思と関係なく尿を排泄するもので、失敗は周囲を汚すものとして捉えます。
すなわち、周囲を汚すことがある場合、「失敗」ありとなり、介助者の手間を採点します。

失敗(周囲を汚し、片付ける手間)が
ない:6・7点
月1回未満:5点
週1回未満:4点
1日に1回未満:3点
毎日:2点
毎日かつ減らす努力なし:1点

介助の考え方と評価

「介助」とは出したい時に出して、出したくない時に出さないための介助と捉えます。
尿を外に出す手助けとしては、カテーテルの挿入、腹圧の援助があります。
失敗しないための手助けとしては、尿器の設置、尿器の固定、オムツの交換、パウチ交換、排尿誘導があります。

介助量が
週1回以下:5点
週2回〜6回:4点
毎日の場合、自分で行う頻度と介助で行う頻度の割合で採点します。
自分でする方が多い:4点
同じくらい:3点
介助でする方が多い:2点
毎回介助:1点
*日中と夜間で点数が異なる場合、点数の低い方を採用します。

【スポンサーリンク】
 

排尿管理における補助具(6点)

オムツ、カテーテル、尿器、ポータブルトイレ、パウチ、薬剤
*配薬は通常業務であり自己管理しなくてもよいと考えます。
*利尿剤は「尿を作ること」を助けるため、評価の対象外となります。

排尿管理の準備例(5点)

尿器の準備、オムツの準備、カテーテルの準備、ポータブルトイレの準備など

導尿に関する採点基準

7点:導尿していない
6点:自分で導尿し、自立
5点:自分で導尿するが、指示・監視・準備が必要。または週1回以下の頻度で導尿してもらう
4点:週2〜6回の頻度で導尿してもらう
毎日導尿してもらう場合
4点:自尿+自己導尿>他人による導尿
3点:自尿+自己導尿=他人による導尿
2点:自尿+自己導尿<他人による導尿
1点:すべて他人にしてもらう

採点の具体例

7点:投薬なしに自尿で、失敗なく暮らしている。
7点:人工透析を受けていて自尿はない。(例外的に介助量がないと解釈する)
6点:吸収パッドを用いて失敗しないで完全に自立している。
6点:自己間歌導尿で、器具を集め、尿器を空にすることまで含めて自立している。
6点:留置力テーテルの挿入、蓄尿袋を空ける、などの管理のすべてを自分で行っている。
6点:膀胱抗痙縮剤を使用しているが、失敗もなく完全に自立している。
5点:たまに月労脱痩のガーゼを交換してもらうが、排尿に関し失敗しない。
5点:失禁はしないが、夜間用いるポータブルトイレの準備のみしてもらう、たとえば介助者がポータブルトイレのバケツを取り替えてあげている。
5点:日中6回トイレに行き(FIMの6点)、夜間尿器をあらかじめ用意しておいてもらうのみで9回排尿し失敗はない。
5点:昼は歩行器でトイレへ、夜は差し込み便器を用意してもらうことで自立、1カ月ちょっとで1回失禁。
4点:日中6回トイレに行く(FIMの6点)。夜間患者が尿意を常に看護師に伝えており、看護師が尿器を当てペニスを尿器に入れると、適切なときに括約筋を緩めそして閉めることで2回排尿し、失敗はしない(排尿回数は関係なく、日中の得点は7点で、夜間の点は4点のため低い方をとる)。
4点:1日1回以上導尿してもらうが、自尿の頻度の方が、他己導尿の頻度より多い。
4点:週に2-3回介助者による導尿を受けている。
4点:コンドームームカテーテルを介助してもらうが、尿を捨てたり袋やチューブを管理するなど残りの排尿管理を自分で行っている
4点:毎日膀胱瘻のガーゼを交換してもらうが、排尿に関し失敗しない。
3点:1日1回未満の失敗。
3回:排尿と同回数の導尿をしてもらっている、たとえば自尿が5回、介助による導尿が5回の場合。
2点:おむつに排尿し、看護師に替えてくれるよう頼んでいる。
2点:他己導尿の頻度の方が自己導尿より多い。
1点:介助者による留置カテーテル管理を受けている。
1点:患者が時間誘導により管理され失禁しないが、完全に看護スタッフに依存している。
1点:看護師または介助者が導尿を行っている。
1点:留置力テーテルの挿入、集尿袋を空ける、等の管理を自分では何も行っていない。

疑問点の解消

尿道留置カテーテル挿入中で、尿破棄のみ介助は5点となります。
・パッドの交換介助は、依頼できれば2点、できなければ1点となるため、訴えがあるかどうかで判断します。
・もしものときのために紙おむつを使用する場合でも、補助具となり6点とします。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

 

参考文献