自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

FIM「更衣(下半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

【スポンサーリンク】

FIMにおける「更衣(下半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

FIM「更衣(下半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

更衣(下半身)の定義

・たんすから必要な衣服を取り出し、腰から下の衣服を着脱することを評価します。
・ズボン・下着・靴下・ストッキング・靴も評価対象です。
・装具を着用している場合、装具も評価対象です。
・実際の評価は着る・脱ぐ動作です。
・服をタンスから取り出す、しまうことは準備に含まれます。
・普段着ている衣服(病衣、パジャマは含まれない)で評価します。
・入浴前後の着脱は特殊な状況なため、含まれません。
・装具は更衣の主な動作ではないため、装具を装着してもらっても5点までの減点となります。
・浮腫防止の弾性ストッキングも、装具と同様の扱いになり、5点までの減点となります。

更衣(下半身)の自立(7点)

・自力でたんすから衣服を取り出し、腰から下の更衣・装具の着脱をしている。

更衣(下半身)の修正自立(6点)

・時間がかかる(普通の3倍以上)、改良した衣服や自助具を使用している。

更衣(下半身)の準備例(5点)

・服を取り出す、脱いだ服をしまう
装具の扱いは、装具や弾性ストッキングの介助が必要な場合、5点となります。

更衣(下半身)の介助の評価項目

行っている動作(例えば、ズボン、下着、靴下、靴だとすれば各25%とする)を分解して考えます。
4点:0〜25%の介助量
3点:25〜50%の介助量
2点:50〜75%の介助量
1点:75%〜100%の介助量

【スポンサーリンク】
 

採点の具体例

7点:着脱自立で、介助者不要、かつ安全で適切な時間内である。
7点:義足をつけることも含め完全に自立している。
7点:紙おむつを使っているが着脱は自立している。
7点:市販のベルク口留めのスニー力一を用いている(余計な費用なしに買える)。
6点自立しているが、補助具(ジッパー引き上げ器、更衣棒、リーチャー、靴下介助器、上肢義肢装具)または下肢の改造衣服を必要とする。
6点:通常より時間がかかる、または安全性の考慮が必要だが監視してもらほどではな い。
6点:監視または準備、手順の指示を要する、または戸棚から取り出してだけもらう。
5点:下肢装具のみ手伝ってもらう。(装具は介助でも5点までしか下がらない)
5点:下肢衣服の装着に必要とされる器具を準備してもらう。
5点:ベッドの間が狭すぎて車椅子が通れないため、看護師が患者の服を取ってこなければならないが更衣自体は自立している。
5点:弾性ストソキング(装具と同様に考える)、TED(抗血栓)ストッキングを介助してもらうがほかの更衣は自立している。
5点:紙おむつを使っており、それだけが介助で、他の更衣は自立である(装具と同様)。
4点:ズボンの片足を通してもらうのみである。
4点:ボタンやジッパーを介助してもらうのみである。
4点:靴ひもを結ぶことだけを介助してもらっている。
3点:服を揃えてもらうこと、靴と靴下の着脱が介助であるが、ほかは自立している。
3点:下着、ズボン、靴下、靴の場合 、下着とズボンは足に通せて上げられるが、靴下、靴を 介助してもらう。(2/4 = 50%自分でしている)
2点:介助者がパンツやズボンを膝まで通すと、残りを自分で行う。 靴下と靴、ズボンのジッ パーを介助してもらう。(半分以上介助者がしている)
2点:下着、ズボン、靴下、靴の場合、下着は足に通せて上げられるが、 ズボン、靴下、靴を介助してもらう。(1/4 =25%自分でしている)
1点:患者は服を引き上げてもらう際に 左右に転がる程度以下しか行っていない。
1点:2人の介助が必要で 、そのうち1人の役割は監視である。
1点:下半身の更衣をしない、 または患者がまったく手を出そうとしない。
1点:退院後、 尿器を使うのに1人でできるようになるという理由で病院用寝間着しか
着ない(更衣では社 会的に認められる服を着ることが必要)。

更衣(下半身)の疑問点の解消

・動作時の姿勢は問わず、通常の椅子は補助具に含まれず、特殊な椅子は減点となります。
・ズボンであれば、動作を分解し(片足を通す、もう一足を通す、引きあげる)して考えるのも一つの方法であり、仕上げのみの介助は75%を自分で行っていると解釈します。
・病院内でスリッパを履いている場合、病院内という環境においては社会的に受け入れられるものと判断します。
・脱いだ衣類を洗濯カゴに入れることは片付けとなり、「更衣の準備」に含まれます。
・看護師の時間の都合で介助量が増えている場合でも、しているADLで評価するため減点対象となります。
・ベッドサイドの衣装ケースに衣服が入っている場合、介助者が届ける場合は5点で、病院の習慣上、服を取り出すことは患者は行わないが、そのほかは自立している場合は5点となります。
・日常での更衣が入浴時のみしか行っていない場合は、それをしているADLとして評価します。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献