自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

FIM「更衣(上半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

【スポンサーリンク】

FIMにおける「更衣(上半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

FIM「更衣(上半身)」の採点方法のポイントと具体例、疑問点の解消

更衣(上半身)の定義

・腰から上の更衣や、装着している場合は義肢・装具の着脱も評価に含みます。
・実際の評価は着る・脱ぐ動作です。
・服をタンスから取り出す、しまうことは準備に含まれます。
・普段着ている衣服(病衣、パジャマは含まれない)で評価します。
・入浴前後の着脱は特殊な状況なため、含まれません。
・装具は更衣の主な動作ではないため、装具を装着してもらっても5点までの減点となります。
・浮腫防止の弾性ストッキングも、装具と同様の扱いになり、5点までの減点となります。

更衣(上半身)の自立(7点)

衣服を取り出すことを含めた衣服の着脱が自立している。
ブラジャーの着脱、ジッパー、留め金などの扱い、着用している場合は義肢・装具も含む。

更衣(上半身)の修正自立(6点)

・時間がかかる(普通の3倍以上)、自助具を使用している、マジックテープなどを使って改良衣服を使用している

更衣(上半身)の準備例(5点)

・服を準備する
・服を戻す
など

更衣(上半身)の介助の評価項目

片袖を通す、もう片袖を通す、かぶる、引き下ろすの各動作を25%として評価します。
4点:0〜25%の介助量
3点:25〜50%の介助量
2点:50〜75%の介助量
1点:75%〜100%の介助量

【スポンサーリンク】
 

採点の具体例

7点:服をタンスから取り出すことおよび、腰から上の着脱自立。介助者、器具不要。安全で通常の時間内である。
7点:通常「かぶり」服を用いる患者が「かぶり」服を1人ですばやく着られる。ボタンはできてもできなくてもかまわない。
7点: ボタンが多くついていて、ワイシャツのような、病棟の外を歩くのに十分かっこよいパジャマを用いて自立している(社会的に受け入れうる衣服としてよい)
6点:ボタン通しなど補助具を使用する。
6点: ベルク口留めなど上半身の衣服の改造が必要。
6点:時間がかかる、または安全性の考慮が必要だが介助者は必要ない。
6点:義手を自分でつけて、それを用いることにより更衣が自立している。
5点:監視、準備が必要。または更衣を続けるのに指図が必要。または洋服入れから取り出してもらうことが必要。
5点:アームスリングをつけてもらっている。(上肢装具と考える)
5点:引き出しに服をしまってもらう。着脱は自立している(しまう手伝いも5点)
5点:病院の習慣上、服を取り出すことを患者は行わないが、その他は自立している。 5点:上肢の義肢装具または胸腰仙椎装具など体幹装具をつけてもらう。
5点:熱傷の患者が圧迫用衣服をつけてもらう(浮腫用の弾性ストッキング同様、装具として扱ってよい)
4点:ブラウスやシャツのボタンに関してのみ介助してもらう。
4点:自分でかぶれるが、肩の部分がおかしいのを触る程度に手伝って直してもらう。
4点:Tシャツの片袖を通してもらうのみでそのあと引っ張りあげるなどは自立。
4点:ブラジャーのフックをかけてもらうのみでブラジャーを腕に通すことやほかの服を着ることはできる。
3点:Tシャツの麻痩側を通してもらう、自分でかぶれるが、その後直す際に介助してもらう。
3点:ブラジャーとTシャツを着ている場合にブラジャーのフックをかけてもらい、片袖を通してもらい、頭からかぶせてもらうがほかは自分でできる。
3点:トレーナーのみを着ていて、片腕を通し、頭からかぶり、もう片腕を通し、そしてトレーナーを胸から腹に引き下ろすという4動作のうち、両袖を通すことを介助してもらう (2/4すなわち50%していると考える)。
2点:シャツで片袖を通してもらい、背中から服を回してもらい、ボタンをしてもらう。
2点:寝間着とガウンしか着ておらず、看護師がそれらを取り出すが、脱ぎ着は自分で行う(多少は社会的に受け入れうるり衣服と考える)。
1点:介助者がシャツをかぶせ、引き下ろす際、身体を前へ傾けて協力するのみ。
1点:退院後、尿器を使うのに1人でできるよ引こなるという理由で病院用寝間着しか着ない(更衣では社会的に認められる服を着ることが必要)。

疑問点の解消

・通常かぶりシャツを着ている人は、ボタンができなくても自立していれば7点になります
・脱いだ衣類を洗濯カゴに入れることは片付けとなり、「更衣の準備」に含まれます。
・看護師の時間の都合で介助量が増えている場合でも、しているADLで評価するため減点対象となります。
・ベッドサイドの衣装ケースに衣服が入っている場合、介助者が届ける場合は5点で、病院の習慣上、服を取り出すことは患者は行わないが、そのほかは自立している場合は5点となります。
・日常での更衣が入浴時のみしか行っていない場合は、それをしているADLとして評価します。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献