自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

利き手交換の拒否に対しての対応

【スポンサーリンク】

脳卒中片麻痺者の上肢機能は、必ずしも良い回復となることはなく、むしろ何らかの障害や手の使いづらさが残ることが大半です。そのような場合、リハビリでは利き手交換を進めていくことになりますが、本人は麻痺側の機能訓練にこだわり、拒否が見られる場合があります。今回、利き手交換の拒否に対しての対応について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

利き手交換の拒否に対しての対応

脳卒中片麻痺者の利き手交換における問題

脳卒中片麻痺者に利き手交換を進めていく場合には、脳卒中の機序や発症後の経過と回復の関係性、予後予測、訓練との関係性などを詳しく説明し、対象者の同意を得た上で利き手交換訓練に取り組んでいくことになります。
しかしながら、説明を行っても拒否をされる方もいるのが現状です。
医療側としては、麻痺側上肢機能の回復を待つよりも、非麻痺側での動作を中心に行う方が合理的で、生活という視点で考えると充実したものになることも考えられます。
障害受容を促し、機能訓練に固執するのではなく、活動・参加面の視点で訓練を行っていくように促していく必要があります。

セラピストの対応に問題はないか

訓練中、対象者から「この手は良くなりますか」と聞かれることがあると思います。その際、セラピストが返答を曖昧にしたり、「頑張って動かしていたら良くなりますよ」などというように言う事があるかもしれません。
きちんとした予後予測に基づいて答える場合は構わないですが、明確な見通しがないなかでもそのように答えるということは避けなければなりません。
例えば、川平は「貴方の希望がかなうように、精一杯治療しますが、私の経験では◯◯くらいに止まることが多いのが実情です」と予後予測についてはできるだけ正確に告げるようにし、「麻痺が残った場合も困らないように、片手でなんでもできるように麻痺のない手の訓練も同時にしてください」と伝えることが大切だと述べています。

【スポンサーリンク】
 

曖昧な表現は相手の都合の良い解釈となりやすい

対象者は、自分に関する情報を受け取る際には、できるだけ良い方に解釈する傾向があります。「動くようになる」が「使えるようになる」と解釈することもあります。
また、セラピストの経験上の予後予測と、医者の画像判断からの予後予測が異なる場合もあり、注意が必要です。
急性期の場合、上肢について予測がつきにくい場合には、「もう少し経過をみてみないとはっきりしたことは言えない」とぼかして言うことも必要です。
また、「リハビリ専門病院に移り訓練することで良くなる」というようなことも避けるべきです。

具体的表現の重要性

対象者への説明には、具体的表現を用いて説明することが重要です。
「左腕は買い物かごを引っ掛けることはできますが、茶碗を持ち食事することはできないと思います」
「右手はシャツを脱いだりすることには使えますが、書字や箸操作として使用するのは難しいと思います」
「右手は書字で使えますが、全体のバランスや上手さ、スピードは元通りになるというわけにはいきません」
「書字は両手で練習してみて、最終的に上手く書ける方で行いましょう」
などのような具体性が必要です。
利き手交換の方針が決まれば、利き手交換の訓練のみ行った方が進歩が早くなることが言われています(脳内利き手中枢の切り替えの問題?)。
ただし、廃用が予測される場合においても、「その手は使えない」など対象者の意欲をそぐ言動は避けなければなりません。

目標設定の重要性

対象者と予後予測の結果から、目標設定について話し合い、目標を設定することは重要な取り組みになります。
対象者とともに目標に達成に向けての行動やプランを立てる中で、利き手交換の必要性を自ら自覚する場合もあるかもしれません。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献