自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

ブルンストロームステージ4「手を体の後ろへ」の動作獲得のためのリハビリテーション

【スポンサーリンク】

ブルンストロームステージ4「手を体の後ろへ」を獲得するには、共同運動の要素を分離させて行う必要があります。この動作が行えると、体の背部を洗ったり、服を直したりという動作が可能になります。今回、「手を体の後ろへ」の動作を獲得するためのリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

目次

ブルンストロームステージ4「手を体の後ろへ」の動作獲得のためのリハビリテーション

伸筋動作の強化

共同運動パターンの影響が強いと、肘伸展する際には大胸筋(特に下部線維)が常に働いてしまい、共同運動パターンを強めてしまいます。前方方向、外側の伸展運動獲得のためには、大胸筋は上腕三頭筋と分離する必要があります。
上腕三頭筋と大胸筋の分離を促すためには、随意的伸筋共同運動を修正していくことが求められます。
そのための促通方法としては、伸展運動に対し抵抗を加えながら、初めは前方・下方で行い、次第に外側、下方・後方に向かって伸展運動を行わせます。
下方・後方に向かう伸展運動は「手を体の後ろへ」の運動獲得に大切で、それに必要な筋群を活性化させる準備となります。肩関節の痛みがなければ、肩挙上位での伸展運動(斜め上方)を行います。

f:id:happyhealth:20170516224536j:plain

f:id:happyhealth:20170516224615j:plain

f:id:happyhealth:20170516224708j:plain

f:id:happyhealth:20170516224800j:plain

体の各部位を叩く運動は、まずはセラピストの誘導により大腿の前面から膝、下腿へと広げていき、前腕の調整を学習していきます。
日常生活上の機能的動作の獲得には、服の袖に腕を通す、テーブルの上の物を向こう側に押すなどが挙げられます。
アクティビティとしてはサンディングブロックの利用により伸展動作を促通する方法があります。

「手を体の後ろへ」の動作に必要な筋機能

この動作に必要な筋機能は、屈筋共同運動、伸筋共同運動のいずれでもなく、広背筋、大円筋、菱形筋が機能する必要があります。大胸筋と上腕三頭筋の分離、肩内旋筋(肩甲下筋)の働きも必要になります。

【スポンサーリンク】
 

屈筋共同運動から行う「手を体の後ろへ」

対象者は肩甲帯挙上、肩過伸展とやや外転、肘屈曲により手背で腰の外側に触れながら垂直方向に腕を垂らし、手を体のやや後ろにもっていきます。ここから伸筋共同運動を利用しながら、対側の仙骨を横切り斜め下方向に押し下げるように動かします。セラピストは抵抗を加えながら引く、押す運動を行いながら、腰の皮膚を擦り上げたり下げたりして筋出力を強化します。
外側から後ろに動かすことが困難な場合、セラピストの介助・誘導により肩関節内旋させながら運動を行います。この際大胸筋の強い収縮がみられることがありますが、繰り返し動作を行っていることで背部の筋が機能し、大胸筋の過剰収縮はおさまってきます。

f:id:happyhealth:20170516224857j:plain

f:id:happyhealth:20170516224934j:plain

伸筋共同運動から行う「手を体の後ろへ」

前途した押し運動を前方から斜め外、下方、後方に向けて行う中で体の後ろに手を届かせていきます。その際手背で仙骨部をこすって表在刺激を強調します。
伸展運動(前方伸展から後方伸展も含めて)は誘導により前後にリズムよく行わせます。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献