自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

指の動き・痛み解消のための手指ROM訓練:CM関節編

【スポンサーリンク】

母指CM(第一手根中指)関節は母指と他指のつまみ動作を可能にするための、重要な関節ですが、使いすぎや大きな負担がかかることで痛みや可動域制限がみられることがあります。今回、母指CM(第一手根中指)関節の痛み、可動域改善のためのリハビリテーションについて、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

母指CM(第一手根中指)関節の痛み、可動域改善のためのリハビリテーション

母指CM関節の解剖学的特徴

母指は大菱形骨、第一中手骨、基節骨、末節骨で考える必要があります。
大菱形骨、第一中手骨は鞍関節で、末節骨、基節骨で1つの自由度、基節骨と第一中手骨で2つの自由度、大菱形骨と第一中手骨で2つの自由度+α(必然に起こる回旋運動)を持っている。屈曲伸展を起こすと自然に回内回外現象を起こす。

母指CM関節の運動学的特徴

鞍関節としては屈曲伸展、内転外転の運動方向を持ち、動的動揺性の変化があります。
CM関節は機能的肢位を決定するのに重要で、母指球筋が母指の位置に作用し、外在筋は自然張力によって支えます。
鞍関節は対立運動を生み、大菱形骨の形状は内側では険しい山のようになっていて、外側では平らな広い丘のように丸くなっています。そのため、内転すると屈曲伸展はしにくくなり、外転すると屈曲伸展はしやすくなります。外転では靭帯がより緩み、動きやすくなります。
掌側外転・内転の運動と、中間位における屈曲・伸展、総合するとぶん回し(対立運動)が可能となります。

母指CM関節に起こりやすい問題

CM関節の起こりやすい問題としては、第一中手骨基底部の掌・外側への亜脱臼傾向があります。これは長拇指外転筋により引っ張られ、第一中手骨は内転傾向となります。母指内転傾向(水かき部分の減少)と変形を起こしやすくなり、MP関節やIP関節の運動が変化(代償せざるを得ない)していきます。
母指が外転すると、大菱形骨の外側の緩やかな丘に第一中手骨が乗ることでどの方向にも動きやすくなりますが、内転すると骨と骨との密着性が高まり、動きにくくなります。
閉鎖肢位(内転位)では、大菱形骨は内側は険しい山のようになっていますが、第一中手骨の内側は堀の深い状態になっているためうまく組み合うようになり動きにくくなります。
内転位となると、MCP関節は過伸展、IP関節は過屈曲位をとりやすくなります(逆の場合もある)。
杖の長期使用により、母指球筋の萎縮が見られることがあります。この場合、手根管症候群との鑑別が必要です。このような場合、感覚障害が見られないことが特徴です。

【スポンサーリンク】
 

母指CM関節のリハビリテーション指針

まずは外転を確保することが大切となります。すでに第一中手骨基底部が外側に飛び出しているような場合は、圧をかけながら外転運動を行わないと痛みを引き起こしかねないので注意が必要となります。
機能向上のためには、屈曲伸展運動面でCM関節の動揺性を出す必要があります。初めから掌側外転・内転方向で動かすと痛みを引き起こすことが多くあるためです。CM関節での靭帯の緩みを再現できるようにしていきます。
次に外転位で行いますが、TMC関節の基底部を内側に押しながら母指を外転させていきます。
2点つまみ、3点つまみを行う上では対立運動を行えることが大切になります。母指球筋において母指内転筋は、あらゆる方向で内転方向の力を出します。母指内転筋は第3中手骨にも付着しますが、その中間にある屈筋腱が滑車として働き運動方向を変えています。そのため母指内転のための重要な筋肉となります。母指球筋の多くは肢位を保持するための筋ですが、母指の力を発揮するためにはこの筋肉が重要となります。
母指再建術では瘢痕形成は縮み、硬化しますが、伸張し、圧迫を加えることで瘢痕が平坦化していきます。

母指CM関節のリハビリテーション(徒手療法)

CM関節の動揺性を確保するために、屈曲伸展運動面で動かしていきます。
①第一中手骨の基底部を持ち、内側部は人差し指でつまむようにしながら上下に動かします。

f:id:happyhealth:20170514095732j:plain

出典:手の関節の動き・運動の理解より一部改変
②痛みがなければ内転、外転の運動面で動かします。

f:id:happyhealth:20170514100254j:plain
出典:手の関節の動き・運動の理解より一部改変

CM関節の動揺性の確保ができたら、母指屈曲伸展運動を行い運動域を確保していきます。痛みを生じさせないようにゆっくり伸張させていきます。牽引を加えながら行うことでさらなる可動域改善と痛みの抑制が可能です。
最終的には、小指までの対立運動と、母指外転による手掌の平坦化(手掌が床面にぴったりとつく)を可能にしていきます。

f:id:happyhealth:20170514100446j:plain

f:id:happyhealth:20170514100625j:plain

MP関節の伸展拘縮がある場合、伸展位で側方への伸張(靭帯)を行います。
屈曲内転方向では、掌側板のストレッチを行います。
IP関節においては側方への伸張、掌側板のストレッチを行います。
母指の回線可動域確保のために、各関節の回旋を行います(最終域で回旋が入る)。
母指の運動域を確保し、手関節屈曲、伸展しながら長母指屈筋や長母指伸筋をストレッチすることも重要です。

医師監修の手首サポーター

痛い手首と親指をがっちり支える手首サポーター

手・手首の痛みに「バイオメカサポーター手関節」

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献