自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

IADLを用いた認知症の日常生活行動評価の概要と使用方法

【スポンサーリンク】

IADL(Instrumental Activities of Daily Living Scale)は、高齢者の日常生活における活動性を評価する目的に使用されます。また、認知症者への作業療法介入の前後における成果を示す指標として使用されることもあります。今回IADLを用いた認知症の日常生活行動評価の概要と使用方法について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

IADLを用いた認知症の日常生活行動評価の概要と使用方法

IADLの概要

IADL(Instrumental Activities of Daily Living Scale)は、高齢者の日常生活における活動性を評価する目的に使用されます。
IADLは8項目(電話の使い方、買い物、食事の支援、家事、洗濯、移動・外出、服薬間管理、金銭管理)で構成されています。
男性の場合、食事の支援と洗濯、家事の項目については評価をしません。そのため、女性の得点範囲は0〜8点、男性では0〜5点となります。

IADLの使用方法

情報収集には、対象者の日常生活をよく知る家族や主たる介護者から聞き取りを行うことや、職員による観察評価でも可能です。
各項目3〜5段階の評定があり、できる場合には1点、できない場合には0点とします。
各項目の合計得点を算出します。

IADLの評価項目

項目 *()内は得点

A電話の使い方
 1自由に電話をかけることができる(1)             2いくつかのよく知っている番号であればかけることができる(1)
 3電話で対応できるが電話をかけることができない(1)
 4まったく電話を使うことができない(0)

 

B買い物
 1一人で買い物ができる(1)
 2少額の買い物であれば一人でできる(0)
 3だれかが付き添っていれば買い物ができる(0)
 4まったく買い物ができない(0)

 

C食事の支援
 1人数にあった支度をして必要十分な用意ができる(1)
 2材料が用意してあれば食事の支度ができる(0)
 3食事をつくることはできるが、人数にあった用意ができない(0)
 4他人に支度をしてもらう(0)

 

D家事

 1力仕事など以外は一人で家事をすることができる(1)
 2食事のあとの食器を洗ったり布団を敷くなどの簡単なことはできる(1)
 3簡単な家事はできるが、きちんとあるいは清潔に維持できない(1)
 4他人の助けがなければ家事をすることができない(1)
 5まったく家事をすることができない(0)

 

E洗濯
 1一人で洗濯できる(1)
 2靴下などの小さなものは洗濯できる(1)
 3他人に洗濯してもらう(0)

 

F移動・外出
 1自動車を運転したり、電車・バスを利用して出かけることができる(1)
 2タクシーを自分で頼んで出かけられるが、電車やバスは利用できない(1)
 3付き添いがあれば電車やバスを利用することができる(1)
 4付き添われてタクシーや自動車で出かけることができる(1)
 5まったく出かけることができない(0)

 

G服薬管理
 1きちんとできる(1)
 2前もって飲む薬が用意されていれば自分で服薬できる(0)
 3自分ではまったく服薬できない(0)

 

H金銭の管理
 1自分でできる(家計費、家賃、請求書の支払い、銀行での用事など)(1)

 2日常の買い物は管理できるが、大きな買い物や銀行へは付き添いが必要(1)
 3金銭を扱うことができない(0)

 

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

参考文献