読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

認知症行動観察評価:FAST(Functional Assessment Staging)の概要と結果の解釈

【スポンサーリンク】

アルツハイマー認知症について、病期をADL能力の障害の程度により分類したものに、FAST(Functional Assessment Staging)があります。今回、FASTの概要と結果の解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

FAST(Functional Assessment Staging)の概要と結果の解釈

FAST(Functional Assessment Staging)の概要

FASTは、アルツハイマー認知症の日常生活機能の総合評価から、その重症度を判定することを目的としています。
検査では対象者に対する様々な情報により症状の判定が行われるため、対象者の負担はありません。
軽度認知症では、日常生活での行動の変化が重要な指標になりますが、家族や本人から必ず訴えがあるわけではないため、聴取の際に細かく聞いていく必要があります。

f:id:happyhealth:20170507184758j:plain

出典:認知症作業療法 

FASTの使用方法

FASTは対象者普段生活上での観察評価や、家族・介護者からの情報により状態を把握していきます。

【スポンサーリンク】
 

結果の解釈

アルツハイマー認知症について、正常老化を含めた7段階に病期が分類されます。
境界例、軽度例、重度例についての臨床的特徴が詳細に書かれているため、それを参考にしていきます。
stage6、7にはそれぞれ5段階のsubstageがあり、病状の進行に応じた具体例が示されています。
境界例、もしくは軽度認知症の特徴は、職業生活を含めた社会生活で何かしらの困難があることですが、FASTの行動変化の記述例はその把握に参考になります。
重症度の経過と一致しない例もあるため、注意が必要です。
FASTのみでアルツハイマー病の重症度の刑事的変化の評価は難しく、他の検査との併用が必要になります。
追跡調査によると、軽度認知機能低下(境界例)ではstageの期間がおよそ7年で、中等度の認知機能低下(軽度の認知症)ではほぼ2年となります。
FASTを使用することにより、各stageの認知機能低下を示す患者の鑑別診断を行う上で一助となることがあります。巣症状のある限局性の脳病変やうつ病などの疾患との鑑別になります。
うつ病では、境界状態(軽度認知機能低下)から中等度認知症(やや高度の認知機能低下)が認められる可能性があることに注意する必要があります。また、認知症の経過がFASTで示されている経過と著しく違う場合にも、アルツハイマー認知症以外の疾患の可能性を考慮する必要があります。

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

参考文献