自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

構成課題における誤りの分類と構成障害のメカニズム(病巣との関係)

【スポンサーリンク】

構成障害の検査には描画や積み木などがありますが、構成障害があると課題に特徴的な反応が見られます。今回、構成課題における誤りの分類と損傷部位との関係について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

構成課題における誤りの分類と損傷部位との関係

構成課題における誤りの分類

純化:描画の細部の省略、積み木模様の細部の省略がみられます。

密着現象:再生図が見本図に接近して描かれている、または見本図の上に重ねて描かれることがみられます。積み木課題においても、見本図または見本の積み木に密着させて置いたり、見本図や見本の積み木の上に重ねて置くことがみられます。

空間的失見当識:見本図と比較し、描画図が空間的に異なって(逆転、回転)描かれます。積み木課題においても、逆転や回転がみられます。

垂直軸or水平軸の崩壊:空間の基準(垂直軸、水平軸)に対して、歪んだ描画となります。積み木課題においても、垂直・水平軸の関係を歪めて構成されます。

回転:全体や背景に対して構成要素部分を適切な位置に構成できない。45°以上回転して描いたり配置したりします(空間的失見当と同義)。

保続:全体、または図形の部分を反復して描いたり配置したりします。

断片化と省略化:図形の要素部分を省略したり、断片的に描いたりします。(単純化と同義)

統合と配置の困難:構成要素部分を適切な位置に配置できません(空間的失見当、回転と同義)。

置換と付加:違った図形や描画を描く、図形や描画に余計なものを付け加えています。

不注意による誤り:本来の構成障害による誤りでなく、健常者にもみられる不注意による誤り。

無視による誤り:半側空間無視による誤り。構成要素の単純化、歪曲、抜け落ちなどが見られます。構成障害というよりも、視空間認知の障害による誤り。

並べ上げ:積み木構成課題で、垂直方向や奥行きを無視して積み木を横に並べます。

取り壊し:積み木構成課題で、見本の積み木を壊してしまいます。

無目的な反応:構成活動とは関係のない無目的な反応が見られます。積み木を構成するという目的的な動きがみられません。

自己修正の失敗や欠如:構成活動の誤りを修正することができません。解決できないことに困惑し、遂行できないことに気づいても誤りを自ら修正することができません。

【スポンサーリンク】
 

病巣部位と誤りの傾向

構成障害は左右どちらの大脳半球が損傷されても生じる可能性があります。
頭頂葉との関連が深く指摘されており、一般に左よりも右大脳半球損傷後に構成障害が多くみられ、重症化するという報告が多くあります(一部批判もあり)。損傷側や損傷部位により構成障害の誤りに質的な違いがあると言われています。

左大脳半球損傷

左大脳半球では、構成活動の実行手順の段取りや計画の困難さ(行為的側面)における障害の要素が強いと言われています。
左大脳半球損傷での誤りの特徴として、単純化を起こしやすいことが挙げられます。

 図案や積木の模様などの外側の全体的な枠組み(輪郭)や構成要素間の空間的配置関係は維持されやすいが、内側のより詳細な細部の構成に困難を示しやすい。ほかにも、構成物を完成させるまでに要する手順が多い構成課題で困難を呈しやすい。また手本を提示することによって、構成課題の実行が改善されやすいという特徴が指摘されている。

よくわかる失語症高次脳機能障害 P309

不正確さや誤りに対する洞察は、右半球損傷に比べると保持されていることが多くなっています。

右大脳半球損傷

右大脳半球では、視知覚的・視空間的分析(図案や積木模様の構成要素の相互関係の知覚)が困難となります。

構成活動を秩序立てて組織的に行うことが困難になりやすい。単純な形よりも、複雑で立体的な形の構成に困難を示しやすい。描画課題では図形や図案の構成要素自体は正確に再現するが、構成要素間の空間関係が歪んでしまう。構成要素の配置位置の間違いが生じやすかったり、余計な線を付加して描いたりしやすい。また半側空間無視に起因する構成要素の脱落や、構成要素を右側部分に偏らせて混み合って描くなどの誤りが生じやすい。二次元の構成課題では、図案模様の内側の特徴は保持されるが、外側の輪郭が崩壊しやすい。

よくわかる失語症高次脳機能障害 P310

不正確さや誤りに対する洞察を欠き、気にしないことが多くあります。

前頭葉損傷

前頭葉では、構成活動の手順を意図・計画・組織化・修正したりすることにおいて困難さがあります。このような遂行機能障害が構成的誤りを生じさせます。

構成障害のメカニズム

構成障害のメカニズムには、いくつかの考えがあると言われています。
右大脳半球損傷による構成障害では視空間情報処理での障害が強調されており、左半球損傷による構成障害では運動過程の障害(行為実行の手順のプログラム設定)が強調されています。
一方で、知覚過程と運動過程を明確に区別することは困難という視点から、空間形態の視覚的イメージの構成が障害され知覚・運動が未分化(失行=失認)な状態に退行したと考える立場もあります。

関連記事

コース立方体テスト(目的、方法、IQ算出、結果の解釈)と、頭頂葉・後頭葉、前頭葉領域障害による取り組み方の違い - 自分でできる体健やかブログ

構成障害と評価、解釈ー構成が崩れる要素とはー - 自分でできる体健やかブログ

日常生活上観察される高次脳機能障害の各特性と予測される問題 - 自分でできる体健やかブログ

 

引用・参考文献