読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

簡単理解!改正道路交通法における認知症対策(最新版)

【スポンサーリンク】

平成29年3月12日より改正道路交通法のなかで、高齢者運転対策として、認知症関連でにおける改正がありました。近年高齢者における事故が増加しており、その中には認知症や認知機能低下のあるドライバーによる事故も数多くあると思われます。今回、改正道路交通法における認知症対策について、簡単に理解できるように説明していきたいと思います。

 目次

簡単理解!改正道路交通法における認知症対策(最新版)

臨時認知機能検査に関する規定の整備

75歳以上のドライバーが、信号無視などの「一定の違反行為」をした場合には、臨時認知機能検査を受けなくてはなりません。
「一定の違反行為」には18項目あり、
信号無視、合図不履行、しゃ断踏切立入り等、通行禁止違反、安全運転義務違反、優先道路通行車妨害等、通行区分違反、指定通行区分違反、環状交差点左折等方法違反、横断等禁止違反、指定場所一時不停止等、環状交差点通行車妨害等、進路変更禁止違反、徐行場所違反、交差点優先車妨害、横断道路における横断歩行者等妨害、横断歩道のない交差点における歩行者妨害
があります。

臨時高齢者講習に関する規定の整備

臨時認知機能検査を受けた者が、検査の前の直近に受けた検査の結果や、その他の事情を勘案して、認知機能の低下が自動車運転に支障を与える可能性があると内閣政令で定める基準に該当すると、臨時高齢者講習を受けなくれはなりません。

臨時適性検査等に関する規定の整備

認知機能検査において、認知症のおそれありと判断されると、違反行為の有無に関係なく、臨時適性検査の受検、または医師診断書(一定の要件を満たす)の提出が必要になります。

高齢者講習の合理化・高度化

70歳以上75歳未満の高齢者では、講習時間が2時間に短縮されます。
75歳以上の高齢者では、認知機能検査により認知機能低下の可能性がないと判定されると講習時間が2時間に短縮されます。
その他の場合は個別指導を含む3時間の講習になります。

運転免許更新の流れ

75歳以上の運転免許保持者は更新のために認知機能検査を受けます。
検査の結果、認知機能低下のおそれなしと判断された場合、2時間の高齢者講習を受けます。
検査の結果、認知機能の低下のおそれありと判定された場合、3時間の高齢者講習を受けます。
検査の結果、認知症のおそれありと判定された場合、違反行為の有無に関係なく臨時適性検査または一定の要件を満たす医師の診断書の提出が必要となります。医師の診断により認知症と診断された場合、運転免許の取り消し・停止となります。
70歳以上75歳未満の運転免許保持者は、更新のために2時間の高齢者講習を受けます。

一定の違反行為をしたときの流れ

75歳以上の運転免許保持者が一定の違反行為をした場合、臨時認知機能検査を受けます。
検査の結果、認知症のおそれありと判定された場合、臨時適性検査、または一定の要件を満たす医師の診断書の提出が必要となります。そこで認知症でないと判断されると、臨時高齢者講習を2時間受けます。医師の診断で認知症と判断されると運転免許の取り消し・停止となります。
検査の結果、認知症低下のおそれありと判定されると、臨時高齢者講習を2時間受けます。

参考文献

自動車運転される皆さまへ 安全運転BOOK(平成29年3月改訂)