読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハビリテーション栄養評価における検査値の基準と解釈

【スポンサーリンク】

リハビリテーションにおける栄養障害の有無は、検査値のみでは判断できませんが、ひとつの指標として活用することは有効となります。また病院であれば患者の検査値は把握しやすく、初期評価の際にも評価の手がかりとなりやすいです。今回、リハビリテーション栄養評価における検査値の基準と解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

リハビリテーション栄養評価における検査値の基準と解釈

検査値の基準と解釈(窒素バランス)

検査値の中で重要な項目は、尿中尿素窒素と窒素バランスです。

窒素は糖質と脂質には含まれてなく、蛋白質にのみ含まれているため、窒素の検査は蛋白質代謝を調べることになる。窒素は蛋白質質量のほぼ16%を占めているため、窒素=蛋白質÷6.25となる。
尿素窒素は蛋白質の水溶性最終代謝産物であり、尿中窒素排泄の約80%を占める。その他、便、皮膚などからも排泄される。24時間蓄尿を行ったうえで尿中尿素窒素を調べれば、1日の尿中尿素窒素排泄量を計算できる。

PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養 P36

尿中尿素窒素排泄量(g/day)=蓄尿量(ℓ/day)×尿中尿素窒素(g/ℓ)であり、
これが尿中窒素排泄の約80%を占めるため、
窒素排泄量(g/day)=尿中尿素窒素排泄量×1.25となります。
窒素摂取量(g/day)=蛋白質アミノ酸摂取量(g/day)÷6.25となります。
なお、アミノ酸蛋白質摂取量は経口・経管栄養・経静脈栄養で摂取している総量になります。
窒素バランス(g/day)=窒素摂取量−尿中尿素窒素排泄量×1.25
または、
窒素バランス(g/day)=窒素摂取量−尿中尿素窒素排泄量−4(推定非尿中尿素排泄量)
により、窒素バランスが求められます。
窒素バランスが正の値ならば、蛋白質同化状態となり、負の値なら蛋白質異化状態と判定します。
このことから、正の値では筋力トレーニングを行えますが、負の値では維持的な訓練を行うことになります。

栄養状態良好で現在の筋肉量を維持すればよい場合や、肥満で減量して脂肪だけを減らしたい場合、窒素バランスの目標は0である。減量時に窒素バランスが負になると、筋肉量も減少している可能性が高い。一方、成長期の小児、妊婦、筋肉量を増やす場合には、正の窒素バランスが目標となる。

PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養 P38

筋力トレーニングを行っても筋力が改善しない・低下する場合、窒素バランスを測定し、負の値であれば、肝・腎機能に注意しながら蛋白質と総エネルギー摂取量の増加を検討します。

検査値の基準と解釈(その他の検査項目)

主な栄養指標はアルブミン、リンパ球数、ヘモグロビン、コリンエステラーゼ、総コレステロール値となります。
これらは脱水や炎症、肝臓疾患などでは検査値の変化があるため、栄養指標としては不十分となり、また栄養指標にならないとの見解もあります。

項目

正常

軽度障害

中等度障害

重度障害

アルブミン(g/dl)

3.6以上

3〜3.5

2.6〜3

2.5以下

リンパ球数(/m㎥)

2,000以上

1,200〜2,000

800〜1,200

800以下

ヘモグロビン(g/dl)

男性13以上女性11.5以上

10〜13

10以下

10以下

f:id:happyhealth:20170410220521j:plain
出典:PT・OT・STのためのリハビリテーション栄養

引用・参考文献