読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

リハ栄養におけるSGAを利用したスクニーニングと解釈に向けて

リハビリテーションと栄養

【スポンサーリンク】

リハビリテーションにおいては、すべての患者の栄養状態を把握することが訓練効果を高めていくためには必要です。そのためには、栄養のスクリーニング検査を行うことで、栄養障害がある患者を見逃さないことが大切になります。今回、SGAを中心としたスクリーニング方法と、その解釈について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

リハ栄養におけるSGAを利用したスクニーニングと解釈に向けて

SGAによるスクリーニング検査

SGA(主観的包括的評価)とは、Subjective Global Assessmentの略で、栄養状態のスクリーニングに用いれれることが多いものです。
SGAは主に病歴の問診と身体検査から成ります。
病歴の主な項目は、
①年齢、性別
②身長、体重、体重変化(過去6ヶ月間と過去2週間)
③食物摂取量の変化(期間、食形態)
④消化器症状(2週間以上の持続:悪心、嘔吐、下痢、食欲不振)
⑤ADL(期間、日常生活可能、歩行可能、寝たきり)
⑥疾患と栄養必要量との関係(代謝ストレス:なし、軽度、中等度、高度)
があります。
体重変化については、過去6ヶ月での体重減少は慢性進行性疾患、食生活の変化が要因で、過去2週間の体重減少では栄養不良が要因と考えられます。体重減少率(体重の減少分÷元の体重×100)では、病的な減少率は1ヶ月で5%、3ヶ月で7.5%、6ヶ月で10%以上となります。そのため、問診では体重がどの程度減っているか、減り続けているか、減った体重は増えているか、本人に数字(体重)での自覚はあるかといった事を把握します。栄養不良が疑われる場合には、食習慣の変化、何をどの程度の量食べているか、食形態に変化はあったかなどを把握します。
食物摂取量の変化では、健康な時を10とした時の、現在の摂取量を聞くか、10㎝の横線が書いた紙を用意し、健康な時を10として、現在はどの程度かをチェックしてもらうことも考えられます。
消化器症状について、2週間以上の症状がある場合には栄養不良の可能性が高くなります。各症状の有無、頻度、継続期間を把握します。
ADLでは、疾患により持久力低下や意欲低下が見られることがあるため、身体機能が低下しやすくなり、ADLにも影響が出てきます。ADLには患者の筋肉量(除脂肪蛋白量)が反映されています。
疾患と栄養必要量との関係では、疾患により必要な代謝量に変化が見られ、多くの患者でカロリーの必要量と蛋白質の必要量が増加します(重症なほど必要量が増加する)。それぞれの疾患により代謝ストレスが異なります。
身体検査では、
①皮下脂肪の減少(上腕三頭筋、胸部)
②筋肉の損失(大腿四頭筋三角筋
③浮腫(くるぶし、仙骨部)
④腹水
があります。
浮腫や腹水も評価項目にありますが、参考程度でも構わないと言われています。
握手(握力)をすることで、握り返す力や皮膚の状態(脱水が見られないか)が大まかにわかり、前腕、上腕の触診・計測で筋肉量が把握できます。

f:id:happyhealth:20170408223147p:plain

出典:http://www.kkr-ta-hp.gr.jp/information/nmedical/pdf/care01.pdf
判定には、栄養状態良好、中等度栄養不良、高度栄養不良を主観的に判定することになります。栄養状態良好では、問題が見られず放置しても構いません。中等度栄養不良や高度栄養不良では栄養アセスメントを本格的に行います。
AGAは、検査値がなくても栄養状態をある程度判定できますが、一定の期間が必要になります。

f:id:happyhealth:20170408223332p:plain
出典:http://www.kkr-ta-hp.gr.jp/information/nmedical/pdf/care01.pdf

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

参考文献