読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる足裏の痛み解消法!足底方形筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

足底方形筋は主に踵の底面の痛みに関連し、立位や歩行などの荷重により胃痛みが強くなる特徴があります。今回は、足底方形筋のほぐし方、緩め方について、文献を参考にまとめていきたいと思います。

 目次

自分でできる足裏の痛み解消法!足底方形筋のほぐし方、緩め方!

足底方形筋とは

足底方形筋は踵骨の内側面、下面から起始し、 長趾屈筋腱の内側縁に停止します。
足底方形筋は短趾屈筋の付着する部位のすぐそばにつき、短趾屈筋の下に隠れています。
その作用は第2〜4趾PIP関節の屈曲で、長趾屈筋の作用を補助する役割があります。

f:id:happyhealth:20170406073641j:plain
出典:誰でもできるトリガーポイントの探し方、治し方

足底方形筋の探し方、触れ方

足底方形筋は短趾屈筋に完全に覆われているため、単独収縮により直接的に触知はできませんが、趾を屈曲させたときの足底方形筋の緊張を確かめます。
足底方形筋と短趾屈筋のトリガーポイントはほぼ同位置にあります。
異なる点は、足底方形筋のトリガーポイントがかかとに近く、より深部にあることです。

足底方形筋が緊張したときの症状

足底方形筋にトリガーポイントがあると、主にかかとの底面に痛みを生じさせます。
かかとに石を踏みつけたような痛みを感じ、階段の下り動作で鋭い痛みを感じることがあります。
そのため立位、歩行などでかかとに荷重することが困難となり、仕方なくつま先で歩かなければならないこともあります。

足底筋膜炎と誤診されやすく、踵骨棘が原因だと間違われることもある。踵骨棘はあっても、それが痛みの直接の原因ではないことがある。マッサージで痛みが治れば、踵骨棘が原因ではないという決定的な証拠になる。もちろん、踵骨棘と筋膜トリガーポイントが同時に発生することもあるだろう。

誰でもできるトリガーポイントの探し方、治し方 P223

足底方形筋にトリガーポイントがある場合、連続して下腿三頭筋の筋緊張が亢進していることがあります。よって、下腿三頭筋の処置後にまだかかとの痛みが続いている場合、足底方形筋の状態を評価することが大切になります。

足底方形筋が緊張する原因

路面が凸凹などで安定しないところを歩く場合、足趾の屈筋とともに足底方形筋にも負荷がかかることがあります。
凸足(土踏まずが通常よりも高い位置にある)となっている場合、足底方形筋は短縮していることがあります。

足底方形筋のほぐし方、緩め方

①足趾を屈曲させ、足底方形筋の起始と停止を近づけます。
②足底方形筋に押圧を加え、かかと側に引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20170406073753j:plain

③足趾を伸展します。

f:id:happyhealth:20170406073844j:plain

引用・参考文献