自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる足の親指の痛み解消法!母趾外転筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

母趾外転筋は、母趾の付け根から足の内側にかけての痛みに関連します。足底のマッサージだけでは痛みは取れにくく、しっかりと筋の走行を理解した上でのストレッチを行うことが、痛み解消のへの近道となります。今回、母趾外転筋のほぐし方、緩め方について、文献を参考にしながら紹介していきます。

 目次

自分でできる足の親指の痛み解消法!母趾外転筋のほぐし方、緩め方!

母趾外転筋とは

母趾外転筋は、かかと付近の足底面内側に沿って走行しており、足底の筋肉では最も浅層にあります。
踵骨の内側隆起、足底腱膜、舟状骨隆起から起始し、母趾基節骨底に停止します。
母趾外転筋の作用は母趾の屈曲と母趾の外転です。
この動きにより、体の推進力を助け、足や足首が内側に傾く(揺れる)ことを防いでいます。

f:id:happyhealth:20170404075039j:plain
出典:誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方

母趾外転筋の探し方、触り方

母趾外転筋は母趾を屈曲させ母趾を床に押し付けた時にかかとの内側縁が収縮するので、そこで触れることが可能です。
また母趾を屈曲し、次に外転方向に意識して動かそうとすることでも収縮を感じることができます。
指でマッサージする場合には、分厚い筋肉であるため深い部分にまで到達するにはかなりの力が必要になります。

母趾外転筋が緊張した時の症状

母趾外転筋にトリガーポイントがあると、主にかかとの内側と足関節内側の少し上に痛みを生じさせます。また母趾の付け根(第一中足骨の下)の痛みにも関与します。
このトリガーポイントは神経圧迫を招くこともあり、足や足趾にしびれを生じさせる可能性もあります。
健康的な足底の筋は押圧を加えても痛くありませんが、トリガーポイントがあるとかなり強い痛みを生じさせることがあります。

母趾外転筋が緊張する原因

母趾外転筋は、下腿や足の筋にトリガーポイントがあって足関節が不安定な状態にあるとその負荷が強まります。
足底筋のひとつに問題があると、他の足底の筋にも影響があります。
外反母趾の痛みと誤解されることもあるため注意が必要です。

母趾外転筋のほぐし方、緩め方

①母趾を外転させ、母趾外転筋の起始を停止を近づけます。
②足底の内側の母趾外転筋に押圧を加え、かかと方向に引いて保持します。

f:id:happyhealth:20170404075149j:plain

③母趾を内転させ、母趾外転筋をストレッチさせます。
*このとき屈曲または伸展させながら母趾内転させると、よりストレッチ効果が期待できます。

f:id:happyhealth:20170404075229j:plain

参考文献