自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる足の痛み解消法!短趾伸筋の緩め方、ほぐし方!

【スポンサーリンク】

短趾伸筋は、足背筋のひとつです(他は骨間筋、短母趾伸筋)。短母趾伸筋は足背の痛みに関連し、足関節捻挫後の疼痛が残存する要因にもなる筋です。今回、短趾伸筋のほぐし方、緩め方について紹介していきたいと思います。

 目次

自分でできる足の痛み解消法!短趾伸筋の緩め方、ほぐし方!

短趾伸筋とは

短趾伸筋は、足趾の短い伸筋です。踵骨の背面から起始し、第二~第四趾の長趾伸筋腱に停止します。
その作用は第二~第四趾の伸展になります。
背側骨間筋は表面側に位置しますが、短趾伸筋は深層に位置しています。
長・短両方の伸筋により、ステップを踏む際のつま先上げを可能にし、地面から足を離すことが可能になります。

f:id:happyhealth:20170330074239j:plain
出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR

短趾伸筋の探し方、触れ方

短趾伸筋は深層にあり、触知しにくいですが、つま先を曲げ伸ばしすることで、収縮と弛緩を感じることができます。その際、足関節底屈位で行うと触知しやすくなります。

短趾伸筋が緊張したときの症状

短趾伸筋のトリガーポイントは足背の外側付近で生じます。この部位の痛みは、長趾伸筋、前脛骨筋、第三腓骨筋の関連痛と重なっているため、原因筋の特定にはこれらの筋をチェックする必要があります。
足関節捻挫後に痛みが残っている場合には、短趾伸筋にトリガーポイントが生じている場合があります。
第5中足骨近位端骨折後の足背の痛みでは、短趾伸筋のトリガーポイントを認める事も多く、足根中足関節(リスフラン関節)の屈曲制限を生じさせることがあります。

ほぐし方、緩め方

①足指を伸展させ、短趾伸筋の起始と停止を近づけます。
②短趾伸筋に押圧を加え、足首側へ引いて保持します。

f:id:happyhealth:20170330074403j:plain
③足指を屈曲し、短趾伸筋をストレッチします。

f:id:happyhealth:20170330074642j:plain

*足関節底屈位で足指の伸展を行うと触知しやすくなります。

参考文献