自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

プッシャー症候群の理解と治療の考え方

【スポンサーリンク】

プッシャー症状を呈する方の姿勢の改善方法について、文献を参考に、知識の整理と介入の考え方についてまとめていこうと思います。

 目次

プッシャー症候群の理解と治療の考え方

プッシャー症候群とは

プッシャー症候群が見られると、様々な姿勢において、非麻痺側上下肢を強く突っ張り、麻痺側に倒れてしまいます。また、他動的に姿勢を正中位に正そうと非麻痺側に移動させようとしても、さらに突っ張ってしまうような反応がみられます。

プッシャー症候群の病巣

病巣側については、中〜重度片麻痺では右半球の損傷に多く見られますが、左半球損傷でもみられることがあります。
病巣部位では、視床出血例に多く見られ、皮質病巣では責任病巣は不明確です。

プッシャー症候群の発現機序

pusher症候群では、前庭系とは別の重力の方向感覚と身体の垂直位姿勢制御の神経経路に問題があることが示唆される。体性感覚(固有感覚)だけでは身体の姿勢制御に不十分であり、一方、体性感覚障害自体ではpusher症候群は起こらない。体幹の重力受容器として、腎(交感)神経を介する求心性入力、横隔神経または迷走神経を介する大血管内の血液ないしは腹部臓器の重力に関する求心性入力を候補にあげる考え方がある。これらが皮膚や筋・腱からの感覚入力を基盤として機能する上で、視床後部、島皮質、中心後回皮質(pusher症候群を生じる病巣部位)が重要という考え方があるが、仮説の域を出ていない。

高次脳機能障害学 第2版 P183

というように、現状でははっきりとした機序はわかっていないようです。
一方、脳のプログラムを用いてプッシャー症候群を説明する立場もあります。
片麻痺の方は、非麻痺側のinput、outputは十分で(十分でない場合もあります)、麻痺側のinput、outputは不十分であり、姿勢は麻痺側へ傾倒していると認識されます。そこで、脳のプログラムは左右の均衡を制御するために、麻痺側へ体重を移動させ、かつ麻痺側の支持機能を発揮させるために麻痺側の筋収縮を高めるように運動指令を出します。しかし、麻痺側の筋収縮は上手く発揮できないため、麻痺側へ移動させた体重を支持することができません。その結果、麻痺側への傾倒がみられたままになってしまいます。

【スポンサーリンク】
 

プッシャー症候群のリハビリテーションの考え方

プッシャー症候群のリハビリテーションにおいて大切なことは、自発的な運動によって、麻痺側に傾いた体幹の姿勢を正していくことにあります。

強制的に左右の均衡をとらされると、危険回避のプログラムの作用が相乗的に加わり、プッシャー症状はさらに増悪します。ですから、当たり前の動作をする中で、自然に非麻痺側へ体重を偏移させて重心を保持する動作が思わず自動的に作動すれば、非麻痺側で体重を支持し麻痺側へ傾倒しない動作プログラムの基本がその時に起動して、現在の麻痺した状態に適した新たな姿勢の保持・動作、新たな正常へと転換されていくことが設定できます。

片麻痺 能力回復と自立達成の技術 現在の限界を超えて P14

他の介入方法の参考になるものとしては、

1)健側の骨盤で安定した台に寄りかかり、膝装具で麻痺側の膝折れを防止して健側への重心移動が安心して行えるようにする。
2)健側上肢で風船をつく、セラピストの示す部位へリーチ動作を行う等により、pushingを誘発せずに、健側への体重移動を促す。
3)患側に傾くのを矯正せず、倒れそうになるまで傾けた後に、自発的に立ち直らせ、セラピストが伸ばした上肢の向きで示す垂直位などの視覚性手がかりも利用して姿勢を誘導する。

高次脳機能障害学 第2版

などがあります。
介入例として、以下の記事を参照してください。

happyhealth.hatenablog.com

happyhealth.hatenablog.com

関連記事

happyhealth.hatenablog.com

引用・参考文献