自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

半側空間無視のリハビリテーションアプローチ

【スポンサーリンク】

半側空間無視の治療的介入には様々なものがあります。今回、リハビリテーションアプローチを文献を参考にして整理していきたいと思います。

 目次

半側空間無視リハビリテーションアプローチ

各種訓練方法のエビデンスについて

エビデンスレベルによる各種介入方法の推奨グレード分類表です。

f:id:happyhealth:20170109191051j:plain
出典:高次脳機能障害学 第2版

視覚操作訓練

半側空間無視患者は左側の刺激を探索しようとせず、右側の刺激に引き付けられるという特徴があります。このような視覚探索について、その訓練方法の基本と留意点を示します。
・左側を見るように合図を出す
・探索する空間枠の左端に目印をつける
・レベルに合わせて刺激の密度、難易度を段階付けをする
・視覚探索右に跳躍しないように工夫する
・右側の視覚刺激に反応したら視界からなくす
・すぐ探索をやめないように声かけなどで工夫をする
・課題に適した探索を組織化する
・日常生活に即した課題を取り入れる
・繰り返訓練する
といった点を意識して訓練を行っていきます。基本的にはわかる物品、用紙などをわかる空間から提供し、左方向へずらしていき、気づきを促していくことが重要であると考えています。

上肢強制使用(四肢活性化)

ある程度随意運動が見られる場合、無視側上肢を強制使用させることも治療に取り入れてみると良いと思われます。
たんに左側を見るだけでなく、左上肢を左空間内で動かして、それを見ることで無視が改善したとの報告もあります。

【スポンサーリンク】
 

体幹回旋

頭部や視線だけでなく、体幹の回旋も加えることで半側空間無視が改善されたとの報告があります。後に説明する頸部振動刺激との組み合わせ、視覚探索課題との組み合わせなどで訓練効果が高まる可能性があります。

頸部振動刺激

頸部振動刺激と半側空間無視に関して、

左後頸部筋に振動刺激を与えると、筋紡錘を通じて筋が伸張されたという求心性感覚入力が生じ、体幹が頭部に対して相対的に左方に向いた錯覚が起こる。これによって、身体中心の座標系の右方偏倚が矯正される可能性がある。後頸部振動刺激は、視覚走査訓練と組み合わせると無視が改善し、リハビリテーションへの応用の可能性が示された。

高次脳機能障害学 第2版 P173

とあります。身体中心座標系の正面が左方向に向くことで、正面と思うところを指差すと左方向に移ります。

アイパッチ訓練

半側空間無視患者の視線は右方向を向く(眼球が右を向いている)ことが多いです。そこで、メガネのレンズ部分の右側を覆い、強制的に視線が左方向を向くようにすることで、左への気づきを促していくことを期待して行います。これにより、頸部、体幹の左回旋も入りやすくなる可能性があります。アイパッチを行いながら、車椅子駆動練習等を行います。

側方ミラーアプローチ

側方ミラーアプローチは視覚と体性感覚の統合を図り、身体図式を高めることを期待して行います。
①患者の右側に矢状面方向で鏡を置きます。
②患者は鏡を確認します。
③体の左側にボール等目印を提示し、鏡像であることを確認します。
④患者はリーチしてボールを掴みに行きます。
⑤掴めない場合ボールを近づけます。
⑥ボールを掴めるようになったら徐々に離していきます。
⑦リーチ動作を繰り返します。

動作的アプローチ

日常生活で患者が重要度が高いと思う課題の反復練習を行います。必要性、重要度が高く、患者自ら決定した課題であれば、受け入れもよく、反復訓練も積極的に取り組む可能性が高くなります。
動作的アプローチでは半側空間無視があるなりの方法を学習してもらうアプローチであり、半側空間無視における空間性注意の偏りに注目したものではありません。そのため、他の課題では無視が残る可能性もあります。
なお、半側空間無視があると向上しにくいADLとしては更衣、移乗動作が挙げられます。

関連記事

半側空間無視の病識(自覚、アウェアネス)低下に対する知識と評価、アプローチ - 自分でできる体健やかブログ

半側空間無視の病巣についての理解 - 自分でできる体健やかブログ

視野検査(対座法)の正しい方法の理解と半側空間無視との関係 - 自分でできる体健やかブログ

BIT行動性無視検査日本版(BIT)の検査項目の特徴と結果の捉え方 - 自分でできる体健やかブログ

半側空間無視の特徴とその症状 - 自分でできる体健やかブログ

参考・引用文献