自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

半側空間無視の特徴とその症状

【スポンサーリンク】

健康な人間は左右を平等に見ることができます。半側空間無視は、その一側が障害されます。それにより日常生活上様々な弊害を生じさせてしまいます。
今回、半側空間無視の特徴とその症状について、文献を参考にしながらまとめていきたいと思います。

 目次

半側空間無視の特徴とその症状

参考文献

半側空間無視とは

半側空間無視とは、大脳半球病巣と反対側の刺激に対して、発見して報告したり、反応したり、その方向を向いたりすることが障害される病態である。

高次脳機能障害学 第2版 P151

半側空間無視は、急性期を除き、右半球損傷後に生じる左無視がほとんどになります。
基本的には、頭部や視線の動きを伴っても生じる症状であり、視野障害である半盲とは症状がことなります。
視野障害の場合、1点を固視した時に、一部の視野に示された視覚的刺激を検知できない症状となります。
そのため半側空間無視では、日常生活上のあらゆる動作で困難が生じます。

無視される空間について

多くの認識とされているのは、体の正中軸を基準として左右方向を考える場合です。この左右の空間の考え方では、左方向にいくほど探索が困難になります。この空間に対する境界があるわけではなく、課題や状況により無視範囲は変わります。
一方で、1つの物体や一定の枠組みに対しての左側の無視も起こることがあります。これは物体中心の無視と呼ばれ、右側の空間内でも起こることがあります。

【スポンサーリンク】
 

半側空間無視の症状

①急性期
重度の症状では、ベッド上臥位で頭部、眼球が右方向へ向いていることがあります。正面を向いていても、左側に気づかず、声かけに対して右側ばかり探索することがあります。

②ベッド上、車椅子座位
左側に置かれたナースコール、リモコンなどが見つけられなくなります。
食事では左空間の皿に手をつけなかったり、皿の左半分を残したりします。
服の着替えでは、服の上下左右がわからなかったり、左側の袖を通さず放置していることがあります。
本を読むと左側を見落としたり、電話では電話番号をうまく押せなかったりします。

③移動
移乗では左側ブレーキのかけ忘れ、フットレストの上げ下げを忘れることで転倒のリスクが高まります。
車椅子駆動では左側をぶつけやすく、歩行場面では体の左側をぶつけやすくなります。また、左に曲げるべき箇所を見逃したりします。

④病識
左側の見落としの病態に対して無関心であることが多いです。日常場面で左側の見落としを指摘されることで、「注意して左を見るようにしています」と言うようにはなるが、自分でそう思うかを問うと「自分では見ているつもり」「見えることは見える」など、病識の乏しさが目立ちます。
半側空間無視で半盲等の視野障害に気づく者もいますが、代償動作として左への視線移動はない、または乏しいことが多いです。

⑤物品認知
半側空間無視では、まとまりのよいものや顔は認知できることが多いです。
しかし、右側だけ見ても判断できないもの(例えば金槌)では、提示の仕方により「棒」と答えることがあります。
一方で、右側だけでは何かわからない場合には、左側まで見ようとすることがあります。これは、脳内の物品イメージは保たれていることが示唆されます。

⑥自己身体の認知
指示により自分の身体の左側を指し示したり、触ることができないことがあります。急性期に多い病態ですが、慢性期まで残ることは少ないと言われています。

【スポンサーリンク】