読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

日常生活上観察される高次脳機能障害の各特性と予測される問題

高次脳機能障害

【スポンサーリンク】

高次脳機能障害精神障害と同様に外見上わかりにくい障害です。今回、高次脳機能障害による、日常生活上観察されうる問題を整理することで、観察の視点となるではないかと思いまとめることにしました。

 目次

日常生活上観察される高次脳機能障害の各特性と予測される問題

高次脳機能障害とは

 脳血管障害や頭部外傷などの原因により脳が損傷を受け、言語や記憶などの機能に障害が起こり、日常生活にさまざまな困難が生じるものです。この障害は外見上わかりにくいため、まわりの方々に理解されにくく、ご本人やご家族の負担が大きなものになっています。

出典:和歌山県子ども・障害者相談センター パンフレットより

注意障害の特性と予想される問題

具体例

・気が散りやすい
・何かひとつのことをし始めると他に気が回らない
・同時に複数のことを始めると混乱する
・ぼんやりしており会話につながりがない
・作業にミスが目立つ

起こりうる問題

・火の消し忘れ
・やかんのお湯が沸騰しても気づかない
・信号を見落とす

半側空間無視の特性と予想される問題

具体例

・片側を見落としやすい
車いす走行中片側の壁にぶつかる
車いすのブレーキをかけ忘れる
・食事を半分残す
・文字を書くと紙の片側に偏る

起こりうる問題

・半側の障害物に気づかず追突・転倒の危険
・信号を見落とす
・ブレーキをかけず立ち上がり転倒

記憶障害の特性と予想される問題

具体例

・物の置き場所を忘れる
・道に迷う
・新しい出来事を覚えられない
・作り話をするが作り話だとは思っていない
・何度も同じ話をする

起こりうる問題

・火の消し忘れ
・約束を忘れる
・薬を飲み忘れる
・道に迷う

失行の特性と予想される問題

具体例

・道具をうまく使用することができない
・身体機能に問題がないのに動作がぎこちない
・道具の使用方法を誤る

起こりうる問題

・道具の誤った使用によりけがをする

失認の特性と予想される問題

具体例

・物の形がわからない
・ヒトの顔が見ただけでは誰かわからない
・物の色がわからない
・字の形がわからない
・「盲」のように見える

起こりうる問題

・消極的対人交流
心理的不安など

構成障害の特性と予想される問題

具体例

・衣服をうまく着られない
・整理整頓ができない
・布団をたためない
・包丁で等間隔に物がきれない

起こりうる問題

・設計や絵画などを仕事とする場合は復職困難

失語の特性と予想される問題

具体例

・言葉が滑らかに出てこない
・何を言おうとしているのかわかりにくい
・相手の話を理解できない
・単語が出てきにくく「あれ、あの」などという表現を用いる
・意図したものと違う単語を言ってしまう
・多弁だが発話が意味をなさない

起こりうる問題

・誤嚥
・易疲労性
・消極的対人交流
心理的不安

意欲・情動障害の特性と予想される問題

具体例

・自分から何もしない
・他人に攻撃的になる
・急に不安定になる
・他人との交流がうまくできない

 起こりうる問題

・引きこもり
心理的不安定
・暴力などの危険行為
・生活破綻

遂行機能障害の特性と予想される問題

具体例

・計画を立てることができない
・行き当たりばったりに行動する
・指示がないと効率よく動くことができない
・新しい物事への対処が困難

起こりうる問題

・一方的発言
・他者理解能力低下のため他者との関係悪化

引用文献