自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

ケアマネージャー実務研修受講試験、合格のための勉強法

【スポンサーリンク】

今年行われたケアマネージャー実務研修受講試験を受験し、合格することができました。実際にケアマネージャーの資格を取るためには、そこから研修を経る必要があるので、まだ先の道のりにはなります。今回は、合格に向けて、自分が行ってきた勉強法をを紹介していきたいと思います。

 目次

ケアマネージャー実務研修受講試験、合格のための勉強法

合格基準について

第19回(2016年度)
介護支援分野 13/25点
保健医療福祉サービス分野 22/35点
となっており、各分野ごとに正答率70%を基準とし、問題の難易度で補正しているようです。なお、私の得点(自己採点)では、
介護支援分野 17/25点
保健医療福祉サービス分野 30/35点でした。
和歌山県では1222人が受験し、合格者数119人、合格率は9.7%となっています。全国平均では13%前半のようで、どうも年々合格率が下がっているようです。

参考にした勉強方法

『東大主席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』という書籍があるのですが、そのことを書いた記事が目に止まり、この方法を元に勉強しようと思いました。
記事の中で1回目から3回目までは土台作り、4回目から5回目までで理解度がかなり高まり、6回、7回目は最終確認であると述べられています。
記憶の定着の面から見ても、忘れた頃にまた確認するという作業が行えるため、定着率は高まるのではないかと考えます。

1回目から3回目

1回目からいきなり暗記しようとすると、精神的にも追い込まれます。特に介護支援分野の問題を見ていると、その量と難解さに息が苦しくなってしまうようです。
その為1回目はとりあえず問題を解き、解説を読み流していきます。1回目終了時点ではほとんど理解できませんが、こんな問題がでるのだなと把握することができます。
2回目、3回目になると、前に解いた問題の答え、解説がわかるようになってきます。
この頃になると、自分が不得意な分野、部分が明確になってきます。不得意分野は重点的に記憶しなければいけないため、さらなる繰り返しが必要です。

4回目から5回目

4回目から5回目では、かなり理解度が高まっており、問題によっては正答でき、その理由や他項目との関連性も把握できるようになります。
この頃になると、できている問題に関しては飛ばしてもかまわないでしょう。

6回目から7回目

6回目から7回目では、最終確認の作業を行うことになります。問題の正答はもちろんのこと、その理由や関連項目とのつながりなども頭の中で整理できていると良いと思います。それでも理解できていない部分もあるため、その分野は繰り返して暗記していきます。図表も利用していくと知識の整理が行いやすくなります。

勉強期間と時間配分

約4ヶ月間をかけて勉強しました。介護支援分野には特に時間をかけ、保健医療福祉サービス分野は2ヶ月程だったと思います。
とにかく繰り返しの勉強が必要なので、根気が必要です。

注意点

業務をこなしながらの受験勉強なので、いかに時間を確保するかが大切になります。
7回も繰り返すのは、相当な根気が必要です。ただ、5回程繰り返すことができれば、かなり記憶に定着していると思われるため、そのあたりを目安にしてもよいかもしれません。

参考にした問題集など