読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

促通反復療法(川平法)における治療プログラムの組み立て方(上肢)

【スポンサーリンク】

私は脳卒中片麻痺患者様の治療に促通反復療法(川平法)を取り入れています。川平法は奥が深く、その方法論ばかりが先行されているように思いますが、重要な事は治療プログラムの組み立て方ではないかと考えています(もちろん評価も大事!)。そこで今回は、川平法における治療プログラムの組み立て方の話をしていきます。

 目次

促通反復療法(川平法)における治療プログラムの組み立て方(上肢)

促通反復療法(川平法)の概要

重要な概念や紹介は様々な所で情報が得られるため、大雑把ですが重要な点を挙げていく事にします。

・再建・強化したい神経路にのみ興奮を繰り返し伝えることが重要。
・目的の運動を獲得するには患者の自動運動の反復が必要。
・運動前野や運動野の興奮性を高める:
 タッピング、患肢注視(視覚)、聴覚、意志、意図、伸張反射、集中反復(100回)

回復目標

 

  • 罹病1ヶ月の場合、3ヶ月までの目標は
    上肢:Ⅰ-Ⅱ→Ⅲ-Ⅳ、Ⅳ-Ⅴ→Ⅴ-Ⅵ、Ⅴ→Ⅵ
    手指:Ⅰ-Ⅱ→Ⅲ-Ⅳ、Ⅳ-Ⅴ→Ⅵ、Ⅵ→それ以上
  • 罹病3ヶ月以上の場合、数ヶ月後の目標は
    上肢:Ⅰ-Ⅱ→Ⅱ-Ⅲ、Ⅲ-Ⅳ→Ⅳ-Ⅴ、Ⅴ→Ⅵ
    手指:Ⅰ-Ⅱ→Ⅱ-Ⅲ、Ⅲ→Ⅳ、Ⅳ-Ⅴ→Ⅴ-Ⅵ
  • 個々の指の動きの回復は遅くても手指屈筋群の痙縮が強くならない場合回復の可能性あり
  • 急速に痙縮が強まる例は回復悪い

 

治療プログラム(肩)

◯肩屈曲パターン5種類

①肩屈曲、外転
②側臥位での肩屈曲伸展
③肩屈曲
④肩屈曲・内転
⑤肩屈曲・外旋と肘屈曲と前腕回外の組み合わせ

◯stage別治療プログラム

Brs-stage      目標          パターン

Ⅰ・Ⅱ   共同運動誘発→分離運動     ①②

 Ⅲ   分離運動(単純な関節運動)   ③④

Ⅳ・Ⅴ  分離運動(共同運動とは逆の筋) ③④⑤

 Ⅵ   分離運動(抗重力位での獲得)   ②④⑤

◯その他の重要な要素

  • 肩甲帯の随意性向上
  • 屈曲(抵抗付き):筋力
  • 実用的にするために
    ①屈曲、内転、外旋で麻痺手が対側の耳・頭頂部へ
    ②①+肘も顔の前まで挙上
    ③屈曲、外転、外旋、肘伸展で腕が耳に当たるくらいまでの伸展挙上
    ④肩90度で肩内旋の場合③を重点的に

治療プログラム(肘)

・初めは肩の動きを伴って良い(前鋸筋、三角筋後部)→肩の動きなしで
・肩90度保持で肘伸展不可の場合、肩外転、伸展位で実施

治療プログラム(前腕)

・誘発困難な場合
回外:肩外転、屈曲
回内:肩内転、内旋、伸展
と組み合わせて行う(共同運動の利用)

・座位での回内困難な場合
臥位で顔の前で促通する(伸筋群の緊張が高まる)

治療プログラム(手指)

  • 重度麻痺(指の屈曲なしorわずかに出る)
    個々の手指屈曲(座位)
  • 総指握り可能だが指伸展不可
    個々の手指伸展(臥位)
    特に母指、示指、中指
  • 手指屈曲と伸展がある程度可能
    個々の手指屈曲・伸展
  • 促通直後の同時収縮(グーパー)は避ける
  • 集団屈曲からの各指伸展は個々の指の屈曲より容易

動きの促通と実際の作業活動の併用が重要

川平法の書籍でも紹介されているのですが、川平法と作業療法(実際の物品操作等の練習)を併用することによりより効果的なリハビリが行えることがわかっています。
川平法によって自由に上肢が動かせるようになってくれば、自分が重要かつ目標としている動作の練習を行うことが必要になります。

 参考文献