読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる膝の痛み解消法!大腿直筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

今回は膝の痛みに関係する大腿直筋(大腿四頭筋を構成する筋のひとつ)のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

 目次

大腿直筋のほぐし方、緩め方

大腿直筋とは

大腿直筋は大腿前面に位置しており、腸骨から始まり腓骨に付着しています。大腿四頭筋を構成する他の3つの筋(内側広筋、中間広筋、外側広筋)とともに共同腱に付着します。その作用は主に膝の伸展となります。また腸骨に付着しているため、股関節の強力な屈筋としても作用します。

f:id:happyhealth:20161105143902j:plain

(出典:ネッター解剖学アトラス原著第3版)

大腿直筋の探し方、触れ方

立位、または座位で股関節を屈曲させることで大腿直筋の収縮する位置を確認することが可能です。二関節筋(二つの関節にまたがっている筋)のため、膝を伸展した状態の方が収縮を強く感じることができます。

大腿直筋が緊張した時の症状

大腿直筋が過緊張状態、あるいは筋に硬さがあると、膝の奥深い部分や膝蓋骨の下部に痛みを生じます。また膝のすぐ上の部分でも痛みを感じることがあります。これらの過緊張状態、もしくは筋の硬さは膝の関節可動域を制限するばかりか、筋力低下を招くこともあります。大腿直筋の過緊張状態は、膝蓋靱帯も緊張させることがあり、膝蓋腱反射も抑制してしまうことがあります。

大腿直筋が緊張する原因

大腿直筋が緊張する原因としては、長時間の座位姿勢が挙げられます。長時間の座位は、大腿直筋を短縮位に保つためストレスをかけることにつながります。
また股関節の屈曲運動を強く高頻度で繰り返すような運動は大腿直筋に過度の負担をかけてしまう恐れがあります。このような運動の例としては腹筋運動、ランニング、サイクリング、ランニング等が考えられます。サッカーボールを蹴る動作には大腿直筋が強く収縮しますし、水泳のバタ足動作も大腿直筋に負担をかけやすい動作です。このようにしてストレスをうけた大腿直筋は膝痛の原因になります。女性ではハイヒール靴で歩くことでさえも大腿直筋の過緊張を作り出す要因となりえます。
運動時に膝痛が起きた場合には、運動量を減らすのではなく、運動の前後に大腿直筋のストレッチ、マッサージ等のケアを十分に行うことが膝痛予防につながります。
膝痛の原因となる筋には、大腿四頭筋では他に中間広筋、外側広筋、内側広筋などがあるため、痛みの

【スポンサーリンク】
 

ほぐし方、緩め方

①椅子に座り、膝を伸ばして座る。

②大腿直筋に押圧を加え、頭側に引き寄せ保持する。

f:id:happyhealth:20161105144047j:plain

③膝を曲げる。

f:id:happyhealth:20161105144132j:plain

参考文献