自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる膝の痛み解消法!内側広筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

今回は膝の痛みに関係する内側広筋(大腿四頭筋を構成する筋のひとつ)のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

 目次

内側広筋のほぐし方、緩め方

内側広筋とは

内側広筋は、膝のすぐ上側に位置しており、大腿内側部に楕円型の膨らみを作っている筋肉です。内側広筋は大腿骨から始まり、膝蓋骨と脛骨に共同腱となって停止します。
内側広筋の主な働きは膝蓋骨を内側に引くことで、拮抗筋として外側広筋が膝蓋骨を外側に引き、膝蓋骨の位置のバランスを取っています。

f:id:happyhealth:20161105141758j:plain

(出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR)

内側広筋の探し方、触れ方

内側広筋を触れるには、膝蓋骨の位置を確認する必要があります。膝蓋骨の上部に内側の外側の2つの角を確認できますが、その内側の角に内側広筋が付着しています。そこから大腿骨に向かっていくのが内側広筋の走行となります。

内側広筋が緊張したときの症状

内側広筋に過緊張状態、あるいは筋の硬さがあると、大腿内側と膝に周囲に痛みが生じます。膝痛は主に膝の下半分で内側に認めることが多いです。内側広筋に硬さがあると、膝の伸展筋力の低下を招き、歩行中の膝折れのリスクを高めます。また変形性膝関節症の方で体重過多の方の場合、膝痛を増悪させる要因となったり、店頭のリスクを高めることにつながってしまいます。

内側広筋が緊張する原因

内側広筋含む大腿四頭筋が緊張する原因としては、その酷使と荷重負荷が挙げられます。例えば膝関節の深い屈伸運動は内側広筋に過度な負荷をかけやすいですし、ランニングによる膝への強い衝撃を繰り返すことによっても内側広筋はストレスを受けます。
足首の硬さがあり、バランスを保ちにくい方も膝や股関節の筋に悪影響を与えます。その場合、内側広筋のストレッチ等とともに足首の調整も行わなければなりません。

【スポンサーリンク】
 

ほぐし方、緩め方

①椅子に座り、膝を伸ばします。

②内側広筋に押圧を加え、頭側へ引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20161105141830j:plain

③膝を曲げます。

f:id:happyhealth:20161105141905j:plain

注意点

膝の内側に痛みがあるなと思った場合、試しに内側広筋に対するストレッチを行うことがオススメです。内側広筋は徐々に筋の硬さが出てくるため、早期対処が有効になります。
緊急の場合には内側広筋上の皮膚をつまみ、動かすことで一時的にではありますが膝痛の軽減を筋出力の向上を図ることが可能です。これは、皮膚をつまみ動かすことで、皮膚と筋肉の間にある筋膜の滑りがよくなることが要因になると思われます。膝の弾性サポーターによる筋の圧迫も同様の効果は認めますが、治療効果はあまり期待できません。

関連記事

自分でできる膝の痛み解消法!外側広筋のほぐし方、緩め方! - 自分でできる体健やかブログ

自分でできる膝の痛み解消法!中間広筋のほぐし方、緩め方! - 自分でできる体健やかブログ

自分でできる膝の痛み解消法!大腿直筋のほぐし方、緩め方! - 自分でできる体健やかブログ

参考文献