読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる膝の痛み解消法!中間広筋のほぐし方、緩め方!

膝の痛み解消法

【スポンサーリンク】

今回は膝の痛みに関係する中間広筋について紹介していきます。

 目次

中間広筋のほぐし方、緩め方

中間広筋とは

中間広筋は大腿四頭筋を構成する筋肉のひとつです。中間広筋は大腿直筋の下に位置しており、その大きさは大腿直筋と同程度になります。
大腿骨前面上部から始まり、膝蓋骨上縁中央部から膝蓋靱帯をへて脛骨粗面に付着します。
中間広筋の作用は膝関節の伸展です。大腿直筋と同じような走行をしていますが起始が違うため、中間広筋には股関節を屈曲する作用はありません。この筋肉は大腿直筋の下に位置しているため、直接的に触れることはできません。
膝関節伸展筋である大腿直筋は、股関節を屈曲した際には膝伸展作用が弱まってしまいます。これは股関節屈曲に伴い大腿直筋の長さが短くなってしまうためです。この際に中間広筋の作用により膝伸展を補助する役割もあります。

f:id:happyhealth:20161105144604j:plain

(出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR)

中間広筋の探し方、触れ方

中間広筋は大腿直筋に覆われており、通常は大腿四頭筋が同時収縮を行うため単独でその収縮を触知することはできません。
そのため、ストレッチ、マッサージは大腿直筋を通して行うことになります。

中間広筋が緊張した時の症状

中間広筋が過緊張状態、あるいは筋に硬さがあると痛みは大腿中央部に生じます。またその痛みは通常下方に広がり、場合によっては膝にまで生じることもあります。
日常生活上の動作では歩行時の痛みの出現、階段昇降時の痛みの増悪などがあります。また長時間の座位姿勢の後に立ち上がり動作を行うと膝伸展動作が困難になることもあります。膝のこわばり感も中間広筋の過緊張あるいは筋の硬さに由来することもあり注意が必要です。
中間広筋の筋硬結がある場合にもっとも見られやすい位置は、鼠径部から膝までの1/3下の大腿部前面になります。大きさは直径2〜3㎝程度となります。

中間広筋が緊張する原因

中間広筋が緊張する原因としては過度の膝の屈伸をともなう運動などがあります。大腿四頭筋を構成する他の筋肉(大腿直筋、外側広筋、内側広筋)も同様の運動においてストレスがかかります。
運動を行う前後に予防的に大腿四頭筋のストレッチ、マッサージを行うことが重要になります。

ほぐし方、緩め方

①椅子に座り、膝を伸ばします。

②中間広筋に押圧を加え、頭側へ引き寄せ保持します。

f:id:happyhealth:20161105144047j:plain

③膝を曲げます。

f:id:happyhealth:20161105144132j:plain

注意点

中間広筋は大腿直筋の下に位置しているため、強い押圧が必要になります。
同様の方法で膝蓋靱帯を押圧することにより、膝蓋靱帯のストレッチを行うことも可能です。

参考文献