自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる股関節の痛み解消法!恥骨筋のほぐし方、緩め方!

【スポンサーリンク】

今回は股関節の痛みに関係する恥骨筋のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

目次

恥骨筋のほぐし方、緩め方

恥骨筋とは

恥骨筋は内転筋群の中で最も高い位置に位置している筋肉です。鼠径部のすぐ下のくぼみに位置しています。恥骨筋は恥骨の底面から始まり、大腿骨小転子の後方部分に付着します。恥骨筋の作用は股関節の内転、外旋で、特に下肢を組む際に働きます。

f:id:happyhealth:20161003221848j:plain

(出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR)

恥骨筋の探し方、触れ方

恥骨筋は深部に位置する筋肉のため、単独収縮で触れることは難しいと思われます。場所は鼠径部のくぼみのすぐ下の部分で見つけることができます。

恥骨筋が緊張したときの症状

恥骨筋に過緊張状態、あるいは筋肉の硬さがあると、鼠径部の深い位置に痛みえお生じます。この痛みは鋭かったり、深部痛のような感覚があり、股関節に由来されるものと誤解されることもあります。股関節の過伸展により痛みが増大する場合がありますが、股関節の可動域に関しては制限されない場合もあります。薄筋や3つの内転筋は鼠径部に痛みを送る場合があります。
恥骨筋等内転筋群の短縮が強い場合には、歩行の際左右の足の開きが狭くなる傾向にあります。股関節の強い内転傾向にあると、歩行時にさらに下肢が内転位となり、挟み足となりながらの動作がみられます。

恥骨筋が緊張する原因

恥骨筋に過緊張、あるいは筋肉の硬さが生じる原因としては、滑ったり転倒などにより恥骨筋が過剰収縮されることが多いです。「階段を少し踏み外した」「転びそうになりバランスをとるために足を強く地面についた」などの、思いもよらぬ動作でも過緊張状態になることもあります。過度のストレッチによる恥骨筋の伸長も過大なストレスをかける要因になりえます。
スポーツ分野ではサッカーのインサイドキックにより恥骨筋を過度に使用するケースもあるようです。
長時間の座位姿勢を取る場合や、特に足を組む動作を続けていることは恥骨筋にストレスをかけることにつながります。また足を過度に持ち上げる動作も恥骨筋にストレスをかける動作となりえます。
予防として簡単に取り組むことができるのは足を組んだり、足を閉じた状態で長時間座ることをさけることです。また恥骨周辺の痛みを感じた場合には、予防的にストレッチを取り入れることも大切です。

ほぐし方、緩め方

①仰向けで寝て股関節を屈曲、内転させる。

②恥骨筋に押圧を加え、恥骨方向に引き寄せ保持する。

f:id:happyhealth:20161003221948j:plain

③股関節を外転させる。

f:id:happyhealth:20161003222017j:plain

参考文献