読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる頭痛解消法!前頭筋、側頭筋、後頭筋のほぐし方、緩め方!

頭痛解消法

【スポンサーリンク】

今回は頭痛解消に役立つ前頭筋、側頭筋、後頭筋のほぐし方、緩め方について紹介していきます。

 目次

前頭筋、側頭筋、後頭筋のほぐし方、緩め方

前頭筋とは

前頭筋は鼻根・内眼角・眉間の皮膚からはじまり、帽状腱膜についています。前頭筋おの作用は眉毛を上に挙げること、額に横じわを作ること、帽状腱膜を前方に引くことです。
帽状腱膜とは頭部の筋膜で、頭皮の硬さとも関係しており、この筋膜が硬くなると頭皮の血流も悪くなることが考えられます。
前頭筋に過緊張や硬さがあると、額付近に痛みを送ります。

f:id:happyhealth:20160703170238j:plain
出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR

前頭筋のほぐし方、緩め方

①目をしっかり開きます。
②前頭筋に押圧を加え、頭頂部に向かい引き寄せ保持します。
③目を閉じます(顔をしかめる)。

f:id:happyhealth:20160703171048j:plain

側頭筋とは

側頭筋は側頭骨の側頭面全体に付着。側頭筋膜の内面からはじまり、下顎骨の下顎枝につきます。側頭筋の作用は下顎を上に挙げ、下顎を後方に引きます。咬筋と同様に咀嚼に関与しています。歯ぎしりがある、口の片方で食べ物を噛む癖がある、歯を噛みしめる癖がある場合、側頭筋に過緊張や硬さの原因になることがあります。
側頭筋に過緊張や硬さが見られると、前頭部や側頭部の痛みの原因となります。また上歯の痛みと知覚過敏、上歯茎の痛みにも関与しています。食べ物を噛んだ時に上歯や顎に痛みがある場合は側頭筋に問題がある可能性が高いです。場合によっては歯の噛み合わせが悪いように感じることもあります。
咬筋や胸鎖乳突筋は側頭筋との関連性が高く、どれかの筋が緊張していると他の筋にも影響することがあります。

f:id:happyhealth:20160703170453j:plain


出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR

側頭筋のほぐし方、緩め方

①口を閉じます。
②側頭筋に押圧を加え、頭頂部へ引き寄せ保持します。
③口を開きます。

f:id:happyhealth:20160703171130j:plain

後頭筋とは

後頭筋は後頭骨の上項線、最上項線からはじまり、帽状腱膜につきます。後頭筋の作用は帽状腱膜を後方に引き、また額の皮膚の動きを滑らかにします。後頭筋は耳にも関与しており、また眉毛を上げたり眉をひそめたりする場合にも関与しています。
後頭筋に過緊張や硬さがあると、目に対して関連痛を引き起こします。
不安や心配事など精神的な緊張を抱えている場合に筋肉は過剰に働くことが考えられ、過緊張や硬さの原因になります。
前頭筋と後頭筋は、目を強く開いた時にともに収縮するため、視力障害がある場合に無意識にこれらの筋肉を過剰使用していることも多く、筋疲労から過緊張の原因になることもあります。

f:id:happyhealth:20160703170359j:plain
出典:痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR

後頭筋のほぐし方、緩め方

①目をしっかりと開きます。
②後頭筋に押圧を加え、頭頂部へ引き寄せ保持します。
③顎を引くと同時に目を閉じます(顔をしかめます)。

f:id:happyhealth:20160703171149j:plain

参考文献