自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる肘、手首、指の痛み解消法!腕橈骨筋のほぐし方、緩め方

【スポンサーリンク】

今回は腕橈骨筋のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

 目次

腕橈骨筋のほぐし方、緩め方

腕橈骨筋とは

腕橈骨筋は上腕骨の遠位(肘に近い方)の外側から前腕の外側にかけて走行している細長い筋肉になります。
腕橈骨筋は上腕骨外側上顆の近位2/3から、橈骨茎状突起についています。
筋肉の作用は肘関節を曲げることで、上腕二頭筋、上腕筋にも肘を曲げる作用があります。腕橈骨筋は肘関節伸展位(肘が最後まで伸びている関節の位置)では筋肉に肘を曲げる作用は働かず、肘を曲げた位置になることでその働きが発揮されます。
腕橈骨筋は前腕の回旋(手のひらを上に向ける、手のひらを下に向ける動き)度合いによりその作用が変化します。前腕回外位(手のひらを上に向けた位置)では肘の外反(肘を伸ばした際に肘より手のひらがやや外側に位置する:正常ではやや外反している)に働きます。前腕回内外中間位(親指が上にある状態)では肘関節を曲げる作用があり、前腕回内位(手のひらを下に向けた位置)では前腕の回外に作用します。
橈骨神経の麻痺により腕橈骨筋は筋力低下等の影響を受けますが、筋皮神経支配の上腕二頭筋、上腕筋により肘関節屈曲が可能なため、大きな影響はありません(下垂手などの問題は大きい)。
筋皮神経の麻痺により、上腕二頭筋、上腕筋の筋力低下が起こった場合には腕橈骨筋が肘を曲げるための重要な筋肉となります。

腕橈骨筋の探し方、触れ方

①肘関節を90度曲げ、前腕内外旋中間位とし、肘を曲げていきます。その際前腕の手首側に抵抗をかけることで、腕橈骨筋が膨らむことを確認できます。
抵抗を手首より先にかけてしまうと、長橈側手根伸筋の収縮も含まれてしまい、腕橈骨筋との区別がつきにくくなるため、注意してください。
前腕の手関節側に近づくと筋から腱に移行していきますが、腱の緊張度合いを感じながら触知していきます。

f:id:happyhealth:20160702092527j:plain

腕橈骨筋が緊張した時の症状

腕橈骨筋に過緊張や硬さがあると、前腕の外側や、手の甲側(親指から人差し指にかけてのエリア)に痛みを送ります。
上腕骨外側上顆近く(肘周辺)に筋の硬さがある場合、肘周囲の痛みを感じることもあります。
腕橈骨筋に並行して位置している長橈側手根伸筋と、腕橈骨筋の深層に位置している回外筋は似たような痛みのパターンをとるために、それぞれ判別することは困難です。

【スポンサーリンク】
 

ほぐし方、緩め方

右腕橈骨筋の場合

①手首、指を伸ばします。

②腕橈骨筋に押圧を加え、近位(肘側)あるいは遠位(手首側)に引き寄せます。

f:id:happyhealth:20160702092850j:plain

③手首、指を曲げます。

f:id:happyhealth:20160702092932j:plain

ポイント

筋の硬さや緊張が肘側に近ければ肘の動きを加えても良いです。また筋の硬さや緊張が手首側に近いなら指の動きを利用して行うとよいです。
筋腹に対してストレッチを行う場合、筋腹を横方向に引き寄せ、その反対側に腕を回せば(手のひらを上向き、下向きにする動き)、しっかりと筋を伸張できます。

参考文献