読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる指の痛み解消法!長母指屈筋のほぐし方、緩め方!

指の痛み解消法

【スポンサーリンク】

今回は長母指屈筋のほぐし方、緩め方を紹介していきます。

目次

長母指屈筋のほぐし方、緩め方

長母指屈筋とは

長母指屈筋は橈骨骨間部の前面、前腕の骨間膜から始まり、母指の末節骨につきます。長母指屈筋は前腕の手のひら側にある筋肉の中でも深層に位置しており、筋腹は橈骨側に位置しています。
長母指屈筋は親指のIP関節(第一関節)を曲げる作用を持ち、また筋肉がついている位置により、MP関節(第二関節)、手首を曲げる作用をもちます。長母指屈筋は、手首を曲げている状態だとその働きは失われます。
長母指屈筋は強い握力を発揮するために必要な筋となっています。

長母指屈筋の探し方、触れ方

①手のひらを上に向け、親指の第一関節のみ曲げるように動かします。その動きに伴い、長母指屈筋腱が動いているのを確認していきます。

f:id:happyhealth:20160702090432j:plain

②手首付近で長母指屈筋を触れるために、指を橈骨の手のひら側に当て、長母指屈筋の筋収縮に伴い指が押し上げられていく事を確認していきます。

長母指屈筋が緊張した時の症状

長母指屈筋に過緊張や硬さがあると、親指の末端部に痛みが広がります。痛みがあまりなくても握力低下の原因となり、書字においての筆圧低下などにつながります。それが文字を書く際に不器用になったと感じる要因にもなります。また親を曲げる際に関節の動きにくさやひっかかるような感覚を覚えることがあります。
長母指屈筋の筋の走行は橈骨の手首付近から肘付近までと筋繊維が長く、筋の硬さや過緊張部位を複数の場所で感じることがあるかもしれません。

長母指屈筋が緊張する原因

長母指屈筋が緊張する原因としては、親指を力強く握るために使う作業などで過剰な負担がかかりやすくなります。握力低下の原因筋となる部位なので、そのような作業をしている方日頃からのケアが必要になります。

ほぐし方、緩め方

右長母指屈筋の場合

①手首、親指を曲げます

f:id:happyhealth:20160702090608j:plain

②長母指屈筋に押圧を加え、近位(肘方向)、遠位(手首方向)に引き寄せ保持します。

③手首、親指を伸ばします。

f:id:happyhealth:20160702090714j:plain

ポイント

筋の緊張や硬さが肘側であれば肘の動きを中心に行い、手首側であれば指の動きを中心にして行うと効果的です。
手首を伸ばす際に、前腕を回外(手のひらを上にする)しながら行うとより強力にストレッチできます。
筋肉が短縮(縮んでいて伸びが足りない状態)しているのであれば、筋を横方向に引き、その方向と反対側に前腕を回すことでより強力なストレッチが可能です。