読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でできる体健やかブログ

リハビリ専門職(作業療法士)の私が、肩こり、肩の痛み、腰痛、膝痛、骨盤トレーニングなど、「自分でできる」をキーワードに対策方法を伝授します。

自分でできる手首、指の痛み解消法!尺側手根伸筋のほぐし方、緩め方!

手首の痛み解消法 指の痛み解消法 前腕の痛み解消法

【スポンサーリンク】

今回は尺側手根伸筋のほぐし方、緩め方を紹介します。

目次

尺側手根伸筋のほぐし方、緩め方

尺側手根伸筋とは

尺側手根伸筋は上腕骨外側上顆、尺骨の後面上部から始まり、小指の中手骨の手の甲側につきます。
尺側手根伸筋は手首をまたいではいるのですが、手首を反る(背屈)作用はほとんどなく、手首の尺屈(手首を小指側に横に倒す)に主に作用します。肘関節もまたいでいるため、肘を伸ばす作用もあります。
尺側手根伸筋腱は、前腕回外(手のひらが上を向いている状態)から前腕回内(手のひらが下を向いた状態)になる際に、尺骨茎状突起の膨隆(膨らみ)を乗り越えるように小指側へ移動します。この事は尺側手根伸筋炎との関与が考えられています。

尺側手根伸筋の探し方、触れ方

①手のひらを下に向け、テーブルの上に乗せます。尺骨茎状突起よりも親指側に尺側手根伸筋腱があります。

f:id:happyhealth:20160702093156j:plain

②尺屈(手首を小指側に横に倒す)運動をし、尺側手根伸筋腱の動きをたどっていきます。このとき小指の外転運動は起こらないようにし、またテーブルに沿って純粋な尺屈運動が行われるようにします。
尺側手根伸筋腱から筋腹に移行していきますが、親指側のすぐ隣には小指伸筋が通っています。手首の尺屈と小指の伸展(テーブルから小指を伸ばして離す)運動を交互に行い筋を判別していきます。

f:id:happyhealth:20160702093408j:plain

尺側手根伸筋が緊張したときの症状

尺側手根伸筋が過緊張であったり硬さがあると、前腕の手首の背側付近から小指にかけて痛みを送ります。また上腕骨外側上顆付近に過緊張や硬さがあると、肘周辺の痛みも生じます。

尺側手根伸筋が緊張する原因

人は道具を使用する際、手首は尺屈(手首を小指側に横に倒す)するため、常に尺側手根伸筋は負荷がかかっている状態です。しかしながら、日常的に使用する頻度も高いため、筋疲労や負担にも強い筋と言えます。そのため、小指側の手首の痛みが発生した場合、尺側手根伸筋の問題を考える必要があります。
パソコンのキーボード操作において、手首は常に尺屈しているため、過度の負担がかかりやすい作業といえます。角度が付いているキーボードは手首をまっすぐに保ちながらボタン打ちが可能なため、負担は少なくなります。

ほぐし方、緩め方

右尺側手根伸筋の場合

①手首、指を伸ばします。

②尺側手根伸筋に押圧を加え、近位(肘側)あるいは遠位(手首側)に引き寄せます。

f:id:happyhealth:20160702093515j:plain

③手首、指を曲げます。

f:id:happyhealth:20160702093644j:plain

ポイント

筋の硬さや緊張が肘側に近ければ肘の動きを加えても良いです。また筋の硬さや緊張が手首側に近いなら指の動きを利用して行うとよいです。
筋腹に対してストレッチを行う場合、筋腹を横方向に引き寄せ、その反対側に腕を回せば(手のひらを上向き、下向きにする動き)、しっかりと筋を伸張できます。